記事

池袋暴走“高級官僚”初公判 なぜ母娘の“遺影持ち込み”は認められなかったのか - 「週刊文春」編集部

 昨年4月、東京・池袋で起きた暴走事故で、過失運転致死傷罪に問われた旧通産省工業技術院元院長、飯塚幸三被告(89)。その初公判が10月8日、東京地方裁判所で開かれた。

【画像】テレビで「安全な車を開発するように……」と発言した飯塚幸三被告

「飯塚が運転するプリウスは大破し、自転車に乗っていた松永真菜さん(31=当時)と娘の莉子ちゃん(3=同)が亡くなりました。にもかかわらず、逮捕されなかったのは元高級官僚だったからと言われ、『上級国民』と批判された。飯塚の息子は事故後、『逮捕して欲しかった』と漏らしていたそうですが、当の飯塚は車両の不具合を主張。『安全な車を開発するようメーカーの方に心掛けて頂きたい』と開き直っていました」(社会部記者)

事故で亡くなった松永さん母子

 初公判では大きな杖を携え、車椅子姿で法廷入りした飯塚被告。認否前には遺族に「深くお詫び申し上げます」と頭を下げたものの、「車に何らかの異常が起きて暴走した」と改めて無罪を主張した。

「妻子を失った夫の松永拓也さん(34)は閉廷後の会見でも『車の不具合を主張するなら謝ってほしくなかった。2人の命と遺族の無念さに心の底から向き合っているのか』と悔しさを滲ませていました」(同前)

 松永さんの憤りは、裁判所にも向かっている。代理人によれば「被害者参加人として法廷で遺影を持たないか、一般人として遺影を持ち込むか、二者択一を裁判長に迫られた」という。

「被害者参加とは、被害者遺族が刑事裁判に参加できる制度。当事者席に座って弁護士に依頼して検察官に意見を述べたり、被告人に質問したりできます。一方で遺影の持ち込みは被告の目に入れば心理的圧力になるとして、被告と近い当事者席に座る場合は許可されない例が多い」(同前)

裁判長が頑なに遺影持ち込みを認めなかった理由

 ただ今回の被害者参加人は7人と多いため、松永さんの母親は離れた一般傍聴席に座っていた。

「それでも裁判長は、遺影を持つなら被害者参加人としての出席は認めないと突っぱねた。結局、松永さんの母親は被害者参加人としての出席を諦め、遺影を持ち込むしかなかったのです」(同前)

 その裁判長はゴーン事件と同じ下津健司裁判長。日産元代表取締役、ケリー被告の裁判では「語学も堪能で法廷通訳の誤訳を指摘するなど仕切りは抜群」(司法関係者)で、地裁のエースとも目される人物だ。

「東京地検の新河隆志特捜部長とは司法修習同期です。世論が過熱している事件だからこそ、法廷の原理原則を重視しているのでしょう」(同前)

 松永さんは引き続き、遺影持ち込みの許可を下津裁判長に求める意向だ。遺影に写っているのは、真菜さんと莉子ちゃんの晴れ着姿。天国の2人と遺族が納得できる結末が待たれる。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年10月22日号)

あわせて読みたい

「池袋」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。