記事

日出ずる国の第一人者

尖閣巡り「都知事『戦争辞さず』」 前原氏、明かす(朝日新聞)

 「(中国と)『戦争も辞さず』みたいな話をして、総理はあきれた」――。前原誠司国家戦略相は12日のBS朝日の番組収録で、尖閣諸島の購入問題をめぐって、東京都の石原慎太郎知事が8月19日の野田佳彦首相との会談で発言した内容を、同席者から聞いた話として明かした。

 前原氏は「総理はあきれて、国として所有しないと、東京都に渡したら大変なことになると(判断した)」と述べ、首相の尖閣国有化の最終決断は、石原氏の対中強硬姿勢が理由だったとの見方を示した。

 また「東京都が『尖閣諸島を守ります』と言っても、海上保安庁も自衛隊も持っていない。気合だけで言ってもらっては困る」と石原氏を痛烈に批判した。

 

「中国と戦争辞せず」 石原知事が発言否定(産経新聞)

 石原慎太郎東京都知事は19日の記者会見で、前原誠司国家戦略担当相が沖縄県・尖閣諸島国有化前の今年8月に行われた石原氏と野田佳彦首相との会談についてテレビ番組で「石原氏は(中国との)戦争も辞せずと話した」と発言したことに対し、「そんなことは言っていない」と否定し、「前原ってやつはロクでもない」と激しく批判した。

 

 前原と石原で、「言った」「言わない」と低レベルの争いが勃発しているようです。どちらも同程度に信用できない人ではありますが、どうなんでしょうね。日本の政治家(だけに限りませんが)は基本的にポジティヴな比喩として「戦争」という言葉を好んで使う傾向にあります。「○○は戦争だ」云々の類は、取り立ててタカ派色を売りにしていない政治家の口からも普通に聴かれるものです。その辺に現代の日本人の戦争観が如実に表れているなと感じるところですが、本人は比喩のつもりで「戦争」という言葉を使ったぐらいはあるでしょうか。とりあえず前原が言及する「8月19日」に「戦争も辞さず」との発言があったかは定かでありません。

 

石原慎太郎都知事 独占インタビュー 尖閣侵犯再び!「日本は戦争の覚悟を示せ」(PRESIDENT Online)

 12年8月15日午後5時35分ごろ、中国人の男5人が、沖縄県石垣市の魚釣島に不法に上陸し、現行犯逮捕された。なめられ続ける日本の外交姿勢。尖閣諸島問題の第一人者でもある石原都知事への独占インタビューを一挙公開する。

(中略)

 シナに「戦争する覚悟はあるのか?」と問われているのだから、日本は胸を張って「覚悟がある」と堂々としていたらいいんだ。

(中略)

 自分の家を守るためには、私たちは体を張って戦争する。やるならやるぞ、としっかり言ってやらなきゃいけないんだ。シナが日本の実効支配をぶっ壊すと言って、どういう行動に出るのかはわかりませんが、それに備えるために国が動かないなら東京が率先して尖閣諸島を領有する、ということ。

 

 そしてこれは今月のインタビュー記事。「8月19日」は知りませんが、他の場面では「戦争も辞さず」みたいな発言を公にしていることが分かります。しかしまぁ、石原慎太郎を「尖閣諸島問題の第一人者」とか当たり前のように書けるセンスはどうなんでしょう。この辺は自称経済誌らしいと言えば、そういうものなのかも知れません。お前の世界観に合致しているかどうかを「第一人者」の基準にしているんじゃないかと突っ込みたくなることは、今回に限ったことではありませんから。原発や放射「能」に関して次々と妄想を披露する人を「専門家」と呼んだり、軍事的な手段を唯一無二のものと信じる度合いに応じて「国防に強い」などと評したり、あるいは経済誌の「お約束」に忠実で現実に惑わされない態度によって「経済を理解している」と持ち上げられたり、よくあることです。

 シナ、シナと連呼する人の発言を何の注釈もなしに垂れ流すのもメディアとして良識が問われるように思いますが、これがプレジデントに限ったことではない辺りに色々と問題を感じますね。極右層に媚びれば選挙で勝てるという域にはまだまだ遠いですけれど、一方で差別的、排外的な言動によって有権者から敬遠される可能性は皆無に近いというのが日本の現状でしょうか。差別用語を好んで使う人は「タブーに挑む俺ってカコイイ」と自分に酔っている、しかるに差別発言や排外主義的な振る舞いは現代において反発を買いにくい「無難な」ものになっているように思います。むしろ理性的に国際協調路線を説くことの方が、よほど有権者の反発を買う勇気のいる行動でしょう。

 石原の妄言はさておき、民主党側の対応にも大いに問題があります。あたかも「石原のせいでこうなった」的な責任転嫁が見受けられるのですけれど、むしろ民主党の対応こそ中国との関係を悪化させる上で致命的だったのではないかと私には思われます。かつて被災地のガレキは危険だと事実無根の妄想に基づいてガレキ受け入れを阻もうと抗議や脅迫を繰り返す輩への対応を問われた時、石原慎太郎は「黙れって言えばいいんだよ、そんなの」と一蹴する姿勢を見せました。まぁ、偏見に凝り固まった人への配慮のために被災地復興への協力を拒むよりは、ずっと良かったのではないでしょうか。そして民主党もまた、このような態度を取るべき局面であったのではないかと。

 つまり、なにやら勘違いした自治体の首長や国内の右派が沖縄の土地を購入しようと大騒ぎしていたとしても政府が媚びる必要など微塵もなかった、「黙れって言えばいいんだよ、そんなの」と撥ね付けておくべきではなかったかと私は思うのです。尖閣購入など、しょせんは一部の人間の自己満足に過ぎない話です。中国側から見ても、日本という国ではなく一部の自治体の独断専行であれば、大した火種とは感じなかったことでしょう。中国政府には、現実と妄想の区別が付かなくなった老人のやったこと、ここは敬老精神を発揮して見守ってくださいとでも伝えておけば良いのです。

 しかるに、あろうことか日本国政府が石原に張り合って尖閣購入に踏み切ったために、中国との関係は致命的なものとなったのではないでしょうか。民主党政権には国内の極右層に「毅然と」対応するための強さが致命的に欠けており、右派の勢いに媚びてしまった、その結果として今に至るわけです。前原に言わせれば東京都の姿勢は「気合いだけ」なのだそうで、ならば中国から見ても「バカが対岸で叫んでいる」レベルで済んだかも知れません。しかし、軍事力を保有する日本という国家が購入に踏み切れば、流石に中国側も捨て置くわけには行かないのです。発端は石原だとしても、事態を悪化させる上でより愚かであったのは民主党政権であったと言えます。

 なお前原発言によると、「海上保安庁も自衛隊も持っていない」のであれば、後は「気合だけ」になってしまうようです。まぁ前原の頭の及ぶ限りではそうなのでしょう。しかし、どうなのでしょうか。例えば橋下ですらも、ルール作りを云々と軍事力でも気合いでもない防衛策を述べています。物事を解決できるのは軍事力に限りませんし、軍備増強に力を注いだにも関わらず全く成果を得ないことなど珍しくもないわけです。前原には想像も付かない世界として「外交」というものだってあります。あるいは交渉の席に着くよう説いてきた財界筋も然り、経済の世界では日本と中国は既にお互いに欠かせないパートナー、もはや軍隊の力でどうにかできる世界ではないのです。

 ところが、この領土問題に限っては民主党政権や自民党の現役組に比べて柔軟な立場を取っている橋下は、「外交や防衛が弱点」みたいに言われていたりするわけです。その一方で、単に事態を悪化させることだけしかできない石原慎太郎を「第一人者」などと称揚するメディアもあるなど、根本的に日本社会の評価基準がおかしいと感じることしきりです。あるいは李明博の竹島訪問を「韓国の内政上の要請によるもの」と森本防衛相は評したもので、これまた森本氏にしては例外的に妥当な判断と言えますが、しかるに民主党内からも結構な非難の声が上がったものです。小泉純一郎の唯一と言っていい正の功績として拉致被害者を帰国させたことなんかもありますけれど、拉致被害者とその関係者が第一の信頼を寄せてきたのは拉致問題を何一つとして進展させることのなかった安倍晋三だったりもしました。自国の建前でしかない空疎なイデオロギーにしがみつくばかりで、隣国を罵る「強い姿勢」を国内の有権者にアピールするのが「外交」、軍隊の活躍を夢想することが「国防」、そういう基準が罷り通っている辺りに危ういものを感じますね。

あわせて読みたい

「石原慎太郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  3. 3

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  4. 4

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  5. 5

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  6. 6

    「日本式の漫画は韓国・中国に惨敗」『ドラゴン桜』のカリスマ編集者が挑む"ある試み"

    PRESIDENT Online

    05月16日 15:26

  7. 7

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  10. 10

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。