記事

長岡市など

1/2

 石破 茂 です。

 日本学術会議の会員任命について、会員になれば学士院会員になれる、多額の年金が貰える、などという根拠のない情報が発信され、それをそのまま拡散する議員がいるという事態は実に情けないものです。日本学術会議法にせよ、学士会法にせよ、根拠となる条文を、議員もメディアもよく確認しないままでは、官僚機構に対して意義ある意見を述べることはできないでしょう。様々な諮問機関的組織を改革の俎上に載せること自体は必要な場合もありますが、であればこそ政府もその都度、説明責任を果たすべきものです。

 10日深夜に行なわれた北朝鮮の軍事パレードは、北の軍事技術の着実な進歩をまざまざと見せつけられるものでした。金正恩党委員長の演説ではアメリカを名指しして非難するのを避けたことと併せて考えると、アメリカとの交渉再開を強く望む姿勢は見られましたが、脅威は能力と意図の掛け算の積なのであって、ICBMやSLBMの能力向上を甘く見るべきではありません。
 アメリカのM1戦車や日本の軽装甲機動車に酷似した不思議な車両の数々には「?」と思う他はありませんが、「所詮ハリボテの見せかけ展示で怖れるに足らず」というような楽観論にはとても与することはできません。

 予期せぬ「第一撃」による被害を出さないためにもイージス・アショアの果たすべき機能は早急に実現させるべきですし、敵基地攻撃能力を保持するとすれば、「専守防衛」の理念と違背しない具体的な法的根拠と、それに合致する装備体系とを整備しなければなりません。

 先週末は、土曜日に新潟県長岡市、日曜日に富山県高岡市でそれぞれ講演させて頂く機会を得ました。
 長岡、と言えば幕末の北越戦争で長岡藩を導いた上席家老・河井継之助、「米百俵」の小林虎三郎、太平洋戦争時の連合(聯合)艦隊司令長官・山本五十六(海兵32期)、の名が挙がりますが、今回この三偉人について改めて学ぶことが出来たのはとても有り難いことでした。

 河井継之助については高校生の頃、司馬遼太郎の小説「峠」(新潮文庫)を読んだ程度なのですが、江戸遊学中に交流のあったスイス人から学んだ「武装中立」の考え方に感銘を受け、長岡藩を官軍からも幕軍からも中立たるべく努力奮戦した末に敗れたとの記述に感動した記憶があります。

 そして、その北越戦争の敗戦後に石高を大きく減らされ、疲弊しきった長岡藩に友藩から送られた米を「教育に充てて人材育成に活用すべき」と唱えたのが、長岡藩大参事(副知事)であった小林虎三郎でした。

 山本五十六の言葉では「やってみせ、言ってきかせて、させてみて、誉めてやらねば人は動かじ」「苦しいこともあるだろう、言いたいこともあるだろう、不満なこともあるだろう、腹の立つこともあるだろう、泣きたいこともあるだろう。これらをじっとこらえてゆくのが男の修業である」の二つが有名ですが、「内戦では国は滅びないが戦争で国は滅びる。陸海軍の対立を避けるために三国同盟を結び、戦争に賭けるなどというのは本末転倒も甚だしい」という言葉も冷静に本質を言い当てていたと思います。「結局連合艦隊は全滅し、太平洋戦争に負けて国は焦土と化してしまったではないか、山本は無責任極まりない」と後世になって批判する見解も多くありますし、私生活を批判的に紹介するものがあることも承知していますが、私にとって山本五十六は今も光り輝く特別の存在です。他に太平洋戦争時の日本海軍提督では、山口多聞(海兵40期)、井上成美(同37期)、小沢治三郎(同37期)が好きです。

あわせて読みたい

「日本学術会議」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。