記事

「西の関東連合を目指す」大阪・ミナミの半グレはなぜ増えたか 2019年は300人以上の半グレを逮捕 (『半グレと芸能人』より#1) - 大島 佑介

 2010年の朝青龍事件や市川海老蔵事件、そして、2019年に報じられた「雨上がり決死隊」の宮迫博之(当時49)や、 「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(当時47)らの「闇営業」事件。この10年、“半グレ”と呼ばれる集団と、芸能界の深い関係が明らかになってきた。“半グレ”はどのように生まれ、どうして芸能界に接近したのか。2004年から2019年までの15年間、 『週刊文春』の特派記者としておもに刑事、公安事件の取材・執筆を担当してきた大島佑介氏の著書、『半グレと芸能人』(文春新書)より、一部を抜粋して紹介する。

◆◆◆

「桜を見る会」に出席した半グレ

  半グレたちが跋扈しているのは首都圏ばかりではない。2019年7月に放送された『NHKスペシャル』では、大阪・ミナミの半グレ、「拳月」(ケンムン)こと相良正幸と、「テポドン」こと籠池勇介を中心とした半グレグループを特集した。吉本興業の闇営業騒動の真っただ中に放送された特集は大きな反響を呼んだ―― 。

 ミナミの半グレグループ「O7」(アウトセブン)を率いる相良正幸は奄美大島出身。関西の地下格闘技団体「強者」(つわもの)で活躍していた元格闘家だった。

「強者」は六代目山口組、神戸山口組ともつながりの深いYが創設した団体であり、その成り立ちから極めて「暴力団的要素が濃い集団だった」(大阪府警担当記者)という。

「不良少年や引退した格闘家を集めた『強者』の大会の運営には、当初から暴力団関係者の存在が見え隠れしていました。大会では六代目山口組系の幹部がリングサイドに座っていることもありました」(同前)


©iStock.com

 揃いのTシャツを着てミナミの飲食店などに試合のポスターを貼ることやチケット購入の強要行為などを頻繁に繰り返していた強者は、一時は「西の関東連合を目指す」などと嘯いていたようだ。格闘技団体としての強者は2013年に解散したが、活動中には有名人を巻き込んだトラブルも起こしている。

「2013年9月には前田日明(あきら)が大阪市内で格闘技大会『THE OUTSIDER』を主催した際、『事前に挨拶がなかった』などとして前田に『調子乗んなよ、コラッ』などと詰め寄り、大会を一時中断させました。この事件では翌2014年に強者関係者数名が暴力団担当部署の大阪府警捜査四課に威力業務妨害容疑等で逮捕されています」(同前)

 創設者のYは強者解散後に石垣島に移住。安倍晋三首相(当時)主催の「桜を見る会」に出席したことでも話題となったYは、石垣島で飲食店等を手がけていたというが、暴力団との関係は切れておらず、2017年には知人から現金5000万円を脅し取ったとして恐喝容疑で山口組系組長と一緒に逮捕されている。

 また、2020年6月には経営していた飲食店で「店を辞めたい」と申し出た従業員を脅迫して働かせ続けたとして、従業員に対する労働基準法違反(強制労働の禁止)容疑で逮捕されたのを皮切りに、野球賭博を主催したとして賭博開帳図利容疑で沖縄県警組織犯罪対策課によって7月に再逮捕。

 さらに8月には経営していた飲食店の元従業員に電話で因縁をつけ、カミソリで眉毛と頭髪を剃るなどの暴行を加えたとして強要、暴行容疑で再逮捕されている。

 解散後に石垣島に渡ったYに対して、相良をはじめとした一部の強者の残党はミナミに残り半グレ化したという。

 そして、2015~2016年ごろから相良率いるアウトセブンを中心に、右腕の籠池勇介の率いる「テポドン」グループや、「モロッコ」などの半グレグループを形成していくこととなる。

 相良がトップのアウトセブンを頂点としたグループには、傘下に小さなグループがピラミッド型に多数存在しており、そのメンバーは100人程度いると見られている。

「メンバーの多くが大阪の不良少年仲間や地元の後輩。それらのメンバーがキャッチグループを形成し、ボッタクリバーなどに連れ込むのがメインのシノギです。奄美大島や石垣島などでも同様の飲食店を傘下の人間に経営させ、そのアガリを上納させたりもしています」(大阪府警関係者)

  そして、ミナミで彼らが台頭してきたのは、2015年からはじまった山口組の分裂騒動も影響している、と前出の大阪府警担当記者は指摘する。

「六代目山口組、神戸山口組の分裂以降、警察当局の目を気にして動きにくくなった暴力団に取って代わって、相良らは店舗経営を軸にしたボッタクリ行為などを繰り返していました」

 このように、ミナミの街で違法行為を繰り返していた相良らだが、暴力団とは違って今どきの不良としての一面も併せ持っている。

 籠池はアウトロー系のファッションモデルとしても活動し、SNSなどで若者らに不良としてのファッション性をアピール。ミナミで飲食店を経営していた籠池のインスタグラムのフォロワー数は1万6000人を超えている。

「『Nスペ』でも、インスタを見た女性がわざわざ地方から籠池の店に遊びに来て、一緒に写真を撮ってもらって喜んでいる場面が放送されていました。『Nスペ』が半グレをまるでヒーローのように取り上げたことは、警察当局を大いに刺激したようです」(同前)

取締り強化の対策会議

  大阪府警は『Nスペ』放送から約1カ月後の2019年8月26日、自身の経営する飲食店の売上金を巡り、関係者の20代男性に対し、「お前何しとんじゃ、金返さんかい」「殺すぞ」などと100万円を脅し取ろうとしたとして、籠池勇介を恐喝未遂容疑で逮捕した。

 この事件ではのちに籠池は不起訴となっているが、籠池を逮捕した翌9月に大阪府警は暴力団に代わって台頭してきた半グレに対する取締りを強化する対策会議を開いている。

 会議には組織犯罪対策本部や刑事部などから約50名が出席。大阪府警の石田高久本部長は、「あらゆる法令を適用して取締りを推進し、資金源の剥奪、集団の弱体化・壊滅を図ってほしい」と捜査員らに檄を飛ばした。

  そしてその言葉通り、翌月には大阪の半グレのリーダー格である相良も逮捕されることとなった――。

 「対策会議翌月の2019年10月25日、相良は強制性交容疑で逮捕されました。

 大阪市内の飲食店で、20代の女性従業員の腕をつかんでトイレの個室に連れ込み、体を押さえつけて性的暴行を加えたという容疑です。

 そして2020年1月21日には、強要容疑でも逮捕されています。2018年8月に、対立する半グレグループの10代の少女を仲間十数人で囲み、トラブルとなっていた敵対グループのメンバーに電話をかけさせた容疑です」(前出の大阪府警関係者)

 近年、大阪府内では相良、籠池を中心とした半グレグループだけにとどまらず、同じくミナミでキャッチやボッタクリなどを行う鶴見区出身の暴走族グループ「アビス」などの半グレも台頭してきている。

 20代のメンバーが中心のアビスは相良のグループと長年縄張り争いを続けてきたが、相良の強要容疑での逮捕は一連の縄張り争いに起因しているという。

「アウトセブンやアビスがこれまで行ってきたボッタクリ行為に関しては、店側が請求した金額を高いと客が訴えても『正当なサービスへの対価』だと店が主張すれば、民事的な争いの要素が強く、捜査当局として介入がしづらかった。ですが、ボッタクリ行為などが多発したため、法外な支払いを請求する飲食店を『強要』などの容疑で厳しく取締まることとなったんです」(同前)

 取締りを強化したこともあり、大阪府警は2018年には約200人、2019年は300人以上の半グレを逮捕、書類送検している。

「それでもアルバイト感覚でキャッチをしたり特殊詐欺などの受け子になったりする若者は後を絶たず、イタチごっこが続いている状態です。2020年2月に大阪府警生活安全特捜隊は、売春防止法違反(場所提供)の容疑で半グレグループ『風花一門』のトップのH容疑者(当時40)を逮捕しました。HはSNSで知り合った20代女性と、売春させる目的で雇用契約を結ぶなどしたとして、3月には売春防止法違反(契約)容疑と職業安定法違反(有害業務目的紹介)容疑で再逮捕されていますが、関係先からは2億6000万円が押収されており、大阪府警は売春で稼いだものと見て捜査を進めています」(前出の大阪府警担当記者)

 この事件ではHのほかにも、売春宿で働く女性のスカウト担当だったW容疑者(当時35)と、売春宿の責任者・A容疑者(当時26)が逮捕されている。

 大阪府警は府内にこうした半グレグループが少なくとも50はあると見ており、2020年4月には半グレを捜査する専従班を、府警本部の暴力団担当部署である捜査四課内に設置した。

宮迫博之に手越祐也…半グレが語る”芸能人との関係”「夜の街で知り合う接点はあった」 へ続く

(大島 佑介/文春新書)

あわせて読みたい

「半グレ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  4. 4

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  6. 6

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    石破茂氏は自民党に収まりきれぬ

    早川忠孝

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。