記事

《瀬戸大也不倫》水泳連盟の処分がビミョーだった背景に「元飛び込み選手の妻」の存在 - 小野 歩

1/2

「重い処分ではありますが、『酷』というレベルとは言えないと思います」

【画像】水泳選手特有の丸みのある肉体美

 複数の女性との不倫が発覚した水泳の瀬戸大也選手(26)への処分について、ある元日本代表選手はそう語った。


不倫が発覚した瀬戸大也 ©getty

 日本水泳連盟が10月13日に発表した瀬戸への処分は以下の通りだ。

・年内の水泳連盟への登録停止

・スポーツ振興基金助成金20年下半期の推薦停止

・日本水泳連盟などの教育プログラムの受講

 処分の根拠となったのは、「競技者資格規則」第8条第1項「スポーツマンシップに違反したとき」と同第6条「その他本連盟及び本連盟の加盟団体の名誉を著しく傷つけたとき」という項目である。

 処分の中でもっとも競技に影響するのは、「年内の登録停止」。これは、選手の「資格はく奪」に次ぐ2番目に重いものとなる。

 実際には、連盟による公式大会出場や強化合宿の参加、海外遠征ができなくなり、10月から11月に開催される競泳国際リーグ、12月の日本選手権にも出られないことになる。

処分は重い? 軽い?

 ただ、処分の重さについては、捉え方が別れている。前出の元日本代表選手は、水泳連盟がなんとか瀬戸を守ろうとした気配を感じ取ったという。

「今シーズンは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内でも海外でも大会が相次いで中止され、大会で泳ぐ機会が限られてきました。だから今回の処分によって経験を積む貴重な大会に出られないのは、瀬戸にとって痛手と見ることはできます。しかし一方で、年内の試合自体がかなり少ないのも事実。もし通常のシーズンにこうした処分がされていたら、周りの選手との試合経験の差はもっと広がっていたわけですから」

 瀬戸は大会や合宿には参加できないが、練習自体は行うことができる。練習拠点の国立スポーツ科学センターも引き続き使用できる。そこには「温情」も感じられると付け加える。

「年内、つまり2カ月半の間トレーニングに集中する時間にすることができます。そこで鍛え直して立て直し、年明けから復帰してほしい、そんな意味合いがあると思います。水泳連盟にとって瀬戸選手は、大切な金メダル有力候補ですから」

 瀬戸は昨年の世界選手権で200mと400mの個人メドレーで2冠に輝き、競泳では1人だけ五輪代表に内定している。他競技を含めても、最も金メダルに近い選手の1人だ。

あわせて読みたい

「瀬戸大也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  3. 3

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  8. 8

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  9. 9

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。