記事

香川照之 絶縁の父・猿翁から『半沢直樹』の演技褒められ大号泣


『半沢直樹』ヒットの裏で別のドラマが…(写真/共同通信社)

 令和最高となる視聴率32.7%を叩き出し、新ドラマがスタートしてなお、惜しむ声が止まない『半沢直樹』(TBS系)。今作でも圧倒的な存在感を見せ、もはや堺雅人(47)と並ぶ“主役”となったのが、大和田常務役の香川照之(54)だった。

【写真】黒のスーツでファイティングポーズをきめる香川照之

「この作品にかける香川さんの意気込みは半端なく、自らアドリブで入れたという『お・し・ま・い……DEATH!』『死んでも嫌だねーーー!』など数々の名台詞を生み出しました。とくに最終回で半沢と別れる場面では、『ライバルとして最高にカッコいい』と視聴者から絶賛を受けました」(テレビ局関係者)

 この香川の熱演の陰には、ある思いがあったという。梨園関係者が語る。

「父親である二代目市川猿翁(80)から『半沢でのあなたの演技はいい』と褒められたんです。猿翁さんはドラマを毎回欠かさず見て、香川さんの演技を丁寧にチェックしていたと言います」

 2013年に放送された前作の時から猿翁は香川の演技に注目していたという。

「初めて猿翁さんから『半沢の演技はいいね』と褒められた時、香川さんは感極まり、『お父さん、ありがとうございます! 私は死ぬ気でがんばります!』と、号泣していました。その思いを胸に今作に臨んだと聞いています」(同前)

 香川と父・猿翁との関係は複雑だ。女優の浜木綿子(84)と結婚した猿翁は、香川が生まれた直後に女優で日本舞踊家の藤間紫(享年85)と駆け落ち同然の暮らしを始め、後に浜とは離婚。

 俳優デビュー後も絶縁関係は続いていたが、2000年に紫の仲介により、父子は再会を果たす。そして香川は2012年、市川中車を名乗り歌舞伎界入りした。

 その翌年に出演した『半沢直樹』は、香川にとって初めて父から役者として褒められた記念碑的作品だったのだ。

「当時、香川さんの歌舞伎界入りを支援したのが、いとこの四代目市川猿之助さん(44)でした。猿翁さんから『猿之助』の名を継ぐタイミングで香川さんが中車を名乗るダブル襲名となり、その後は香川さんが歌舞伎界では先輩である猿之助さんを脇で支えています。

 一方、ドラマの世界では香川さんが先輩。今回、猿之助さんは半沢の宿敵・伊佐山部長役で出演していますが、これは香川さんの猛プッシュがあって決まったと言われている。猿之助さんに手取り足取り、演技の指導をしたそうです」(同前)

 ドラマでは伊佐山部長に裏切られた大和田常務だが、リアルでは「施されたら施し返す。恩返しです」を実現していた。

※週刊ポスト2020年10月30日号

あわせて読みたい

「香川照之」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  5. 5

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  7. 7

    ニトリが島忠にTOB 家具業界の変

    ヒロ

  8. 8

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  9. 9

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。