記事

【読書感想】トランピストはマスクをしない コロナとデモでカオスのアメリカ現地報告【コロナ下のアメリカ】

1/2

トランピストはマスクをしない コロナとデモでカオスのアメリカ現地報告

  • 作者:智浩, 町山
  • 発売日: 2020/09/25
  • メディア: 単行本



Kindle版もあります。

トランピストはマスクをしない コロナとデモでカオスのアメリカ現地報告 (文春e-book)

  • 作者:智浩, 町山
  • 発売日: 2020/09/25
  • メディア: Kindle版

内容(「BOOK」データベースより)
コロナに負けても負けは認めん!米国史上最大の危機を現場からレポート!澤井健の爆笑イラストも完全収録。特別付録アメリカの闇を撃つ傑作映画10本。

 町山智浩さんの映画の話とアメリカ現地レポートにハズレなし、というのが僕の実感なのです。今回も安定の面白さ。
 とはいえ、ドナルド・トランプ大統領のキャラクターがあまりに強すぎ、影響力が大きすぎるためか、トランプ大統領就任以来、ずっと「トランプネタ」ばかりになっていて、読む側としては食傷気味ではあるのです。

 たしかに、トランプ大統領のやっていることは無茶苦茶だし、アメリカで暮らしている人たちにとっては死活問題なんでしょうけどね。
 僕自身は、「あんな人が大統領になっても、それなりに秩序が保たれているアメリカというシステムの堅牢さ」も感じていたのです。

 ただ、今回は新型コロナウイルスという大きな問題が世界を覆っているなかでのトランプ大統領のさまざまな問題行動が出てくるのです。
 平時であれば、大統領が暴走しようとしてもなんとかブレーキをかけられるけれど、新型コロナの流行のような非常事態になると、どうしても「大統領の対応能力」が問われます。

 マスクの政治的イデオロギーについて、コーネル大学のトム・ぺピンスキー教授らが2400人のアメリカ人にアンケートを取った結果によれば、民主党支持者の75%がマスクをつけると答え、共和党支持者は53%だった。

 (2020年)5月5日、トランプはアリゾナのマスク工場を視察した。もちろんマスクしないで。政府の発注でマスク作ってる現場なのに!

 トランプのアリゾナのマスク工場視察はテレビで全米に報道されたが、工場のスピーカーから大音量で流れていたのは、なぜかポール・マッカートニーが歌った『007 死ぬのは奴らだ』の主題歌だった。その原題Live and let dieはLive and let live(共存共栄)に対する皮肉で「自分は生きるが、他の奴らは勝手に死ね」という意味。

 工場の周りには熱烈なトランプ支持者が集まっていた。彼らに地元紙アリゾナ・リバブリックの記者ブリアンナ・フランクがインタビューしようとして、罵声を浴びせられた。彼女はマスクをしていたからだ。
「マスクするほど怖いのか!」「マスクは服従だ!」「自分の口をふさいでいるぞ!」「臆病者め!」
 しかし、政府の勧告どおりにマスクすると政府に屈していると大統領の支持者に攻撃されるって、もうわけわからん。

 5月1日、ついにマスクで死者が出た。
 マスク着用が義務付けられているミシガン州フリントで、食料品店にマスクなしで入ろうとした少女の母親を、警備員が咎めて、帰らせた。家に帰った女性は夫と息子を連れて戻ってきた。「うちの妻に恥をかかせやがって!」息子が拳銃で警備員の後頭部を撃ち抜いた。

 (2020年)5月23、24日はメモリアル・デー(戦没者追悼の日)の連休で、トランプ大統領はバージニアにゴルフに出かけた。
 アメリカの新型コロナによる死者は10万人を超えようとしていた。その数は朝鮮戦争とベトナム戦争の戦死者の合計を上回る。

「国が疾病に直面してるのに大統領がゴルフなんて信じられない!」

 そうツイートしたのは誰あろう、トランプ本人だ。2014年、エボラウイルス感染者がアメリカで発見された時、当時のオバマ大統領がゴルフに行ったことを責めた。トランプがオバマのゴルフを批判した数は27回に及ぶ。いつだって自分だけは特別と思っているトランプは相変わらずマスクなしてゴルフを楽しんだ。

 日本の「自粛警察」のふるまいに、こういう同調圧力がある国って怖いよなあ、とか思っていたのですが、マスクをする、しないで人々の意見がここまで真っ二つに割れ、しかも、大統領がその分断を煽っている、というアメリカは、日本より、もっと感染予防が難しい状況だったのです。

 遺伝子型による新型コロナへの耐性の強さの違いなどの説もあるようですが、日本の「自粛警察」は、感染予防に対しては、たしかに功を奏していた面もありそうです。

 最近、トランプ大統領の新型コロナウイルスへの感染が発表され、数日間入院していましたが、そうそうに復帰し、車で支持者に姿を見せるパフォーマンスも行っています。
 でも、トランプ大統領に随行していた人は濃厚接触者となり、感染のリスクを負い、しばらく隔離されるのですから、たしかに「自分は生きるが、他の奴らは勝手に死ね」って感じですよね。

 そもそも、トランプ大統領は、あれだけマスクをしないで大勢の人前に出ているのですから、よく今まで感染しなかったよなあ。

 正直、僕みたいに、この4年間で「トランプ慣れ」してしまい、「誰がなっても似たようなものなのだから、話題を提供してくれる人のほうが面白くて良いんじゃない?」なんて、つい考えてしまう人も増えていたと思うのです。

 町山さんもこれだけトランプネタを書き続けてきたのだから、もっとまともな人が大統領になったら、ネタに困るんじゃない?とか、考えてもいたんですよ。
 ところが、この大統領選前に起こった新型コロナ禍で、トランプ大統領の「問題点」があらためて浮き彫りにされ、大統領への支持が揺らいできているのです。

 とはいえ、対抗馬の民主党のジョー・バイデン氏は、トランプ大統領よりも高齢で、政策的にも増税や社会保障・医療保険の拡充を打ち出してはいるものの、あまり大きな改革をやりそうなタイプではありません(だからこそ予備選挙に勝てた、というのも事実です)。

 果たして「トランプ大統領」は再選されるのか?
 アメリカには、もっと行動力も倫理観もある政治家が少なからずいそうなのにねえ……

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  5. 5

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  6. 6

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  7. 7

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

  8. 8

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  9. 9

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  10. 10

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。