記事

2回目の「特別定額給付金」配布を伝える不審なメールが報告 総務省が注意を呼びかけ

新型コロナウイルス感染拡大を受け1人10万円を配布した「特別定額給付金」の、2回目の給付があるかのように特設サイトを装った不審なメールが報告されているとして、総務省が注意を呼びかけている。

総務省によると、15日の早朝から総務省を騙るメールアドレス(info_(アットマーク)_soumu.go.jp)から、「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました」と題したメールが送信されているという。

同省は「当該メール及びサイトは、総務省も含め、行政機関によるものではなく、情報の詐取などを目的としたものと思われますので、決してリンクにアクセスせず、当該メールを削除してください」と注意喚起のメッセージを掲載している。

不審なメールは複数の種類があるとみられ、BLOGOS編集部が入手したメールでは、冒頭に「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。(令和2年10月14日)」と記載され、最新の情報として「特別定額給付金ポータルサイト」と称したリンクへのクリックを誘導される。

二度目の特別定額給付金決定を伝える不審なメール:BLOGOS編集部

このリンクの飛び先は総務省のドメイン(https://kyufukin.soumu.go.jp/)ではなく、末尾が「soumu.click」となる不審なURLとなっている。

またメール本文には、10月14日に「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、二回目の特別定額給付金事業の実施が決定した旨が記載されているが、現在までにそうした決定がなされた事実はない。

URLからリンクをクリックすると、給付金の申請方法を解説したページに遷移するが、一見するとサイトの作りは総務省の公式サイトと違わないので注意が必要だ。

誘導されたリンク先のサイト:BLOGOS編集部

フィッシング対策協議会は15日午前時点でサイトが稼働中であるとして、サイトにアクセスしないよう呼びかけている。こうした不審なメールやサイトは、個人情報の取得などを目的としたものと思われるため、こうしたメールが届いても決してリンクされたURLにアクセスせず、メールを削除するよう注意したい。

あわせて読みたい

「フィッシング詐欺」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。