記事

三菱自、ANA……「大企業出身者」ほど転職市場で辛酸をなめる理由5

1/2

三菱自動車、ANA……コロナ禍の業績悪化で希望退職募集が相次いでいる。人事ジャーナリストの溝上憲文氏は「リストラ対象は主に40代以上や管理職で、再就職活動に苦戦する人が多い」と話す。転職で失敗する元大企業社員に共通する5つの特徴とは――。

東京

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/MarsYu

コロナ禍で活況の転職市場「大企業出身者」がひどく不人気な理由

コロナ禍の業績悪化による大手企業の希望退職募集が相次いでいる。最近では三菱自動車に続いて全日本空輸(ANA)も希望退職募集を実施することが報じられている。

その対象となるのは決まって40代以上や管理職だ。社員の中には募集に応募して再就職を決意する人もいるだろうし、あるいは募集しなくても、会社の先行きに不安を感じて転職を考える人もいるだろう。

もちろん昔と違い、40代・50代の求人ニーズは増えている。自分の専門性などキャリアに自信がある人は転職も可能だろう。しかし落とし穴もある。

大手人材紹介会社の部長は一番やってはいけないのは「会社を辞めた後に転職先を探すこと」だと指摘する。

「決して会社に辞表を出してから転職先を探さないこと。辞めた後の転職では年収が下がるケースがほとんどだ。辞めて仕事がない状態だと、相手企業に足元を見られて今までの年収より低い額を提示されることが多い。次の仕事を決めてから転職するのが年収を下げない秘訣だ」

とくに希望退職募集に応募した人は離職後に次の仕事を探す人が少なくない。希望退職募集に際してはオプションとして再就職支援会社のコンサルティングサービスを付けてくれる企業も多い。

前職を辞めて充電のつもりが転職先を探す意欲を失い“放電”期間に

しかし、それでもなかなか決まらない人を筆者も多く見てきた。

中には会社から割増退職金をもらったこともあり「今は景気が悪いのでしばらくは様子を見たい。その間に充電しますよ」と言った人もいた。3カ月後に職探しを始めたが、結局1年経っても決まることはなかった。

本人は充電のつもりでも、必死に転職先を探す意欲を失ってしまう“放電”期間にすぎなかったのだ。

転職は決して甘くない。新卒学生の就活と同じぐらいの必死さも求められる。しかもミドルの転職では「若い人と違い、何をしたいかではなく、何ができるか」(前出部長)という専門スキルも厳しく問われる。

また、専門スキルがどんなに高くても、それだけで転職できるわけではない。ミドル・シニアの転職を専門とする人材紹介会社の事業部長は「専門性やスキル以外では何と言っても人柄」だと言う。

「たとえどんな高いスキルや経験の持ち主でも、クライアント企業との間でうまくコミュニケーションが取れない人は決定的にダメだ。とくに大企業の出身者は中小企業に再就職する人が多いが『この人はちょっと上から目線の物言いをするな』と感じる人は、最初はよくても結局、長続きしないで辞めてしまったという例が多々ある」

嫌われる大企業出身者「転職で辛酸なめる人」の5つの共通点

では、大企業出身者が専門性と人柄において転職に失敗する共通点とは何か。以下の5つだ。

①今までの仕事の“棚卸し”ができていない
②専門スキルの領域が狭い
③プライドが高く、謙虚さに欠ける
④前職の会社とつい比較してしまう
⑤過去の地位や人脈にこだわる

上記の①②が「転職の入り口」で失敗するパターンだ。

①については、専門性はあっても本当に自分が得意とするものは何かについて深掘りできていないために、求人企業に「ぜひ、当社に欲しい」という説得力に欠けるからだ。

転職サイトの編集長はこう指摘する。

「大企業出身者であれば一定の専門性と何らかのマネジメント経験があるが、単に課長や部長をやっていましたという程度の説明しかできない人が多い。どういうメンバーに対してどのようなマネジメントをしていたのかという方法やマネジメントに対する自分の考え方、哲学を説明できないと説得力を持たない。さらに専門性を説明するために、どんな仕事の経験をしてきたのか、棚卸しをして、何が得意なのかを整理しておくことが必要だが、十分にできていない人が多い」

たとえば高学歴かつ大企業で部長を経験した人だからということだけでは中小企業は採用しない。逆に一流大学卒で大企業に長くいた人は「うちには合わないし、すぐ辞めるだろう」と警戒する中小企業も少なくないと聞く。

中年のビジネスマン

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/metamorworks

慶大卒、大手通信機器メーカー元役員57歳も人生転落の危機に瀕した

実際にそういう人を何人も取材してきた。

たとえば慶應義塾大学理工学部を卒業し、大手通信機器メーカーに入社、本社の部長職を経てグループ企業の役員になり、57歳で退職した男性がいた。

自分で再就職先を探し始めたが一向に決まらず、半年後にようやく7社目で中小企業に就職が決まった。彼がこう述懐していたのを思い出す。

「大学は理系なので、まともな就活もしないで学校推薦で会社に入り、何十年も同じ会社で働いてきた。再就職にあたっても当初は履歴書や経歴書もたいしたことは書けないし、面接を受けても次々に落とされる。5~6社落とされたらさすがに落ち込んだ。平日は家にいるが、行くところもなく、下手をしたら自分はこのまま働けないのではないかと思った。働く気力、体力はあるし、仕事ができる自信はあったが働く場がない。このときのむなしさは現役の人には絶対にわからないだろう」

あわせて読みたい

「転職」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  2. 2

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  3. 3

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  4. 4

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  7. 7

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  10. 10

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。