記事

これは「体罰」ではなく「暴力」。厳しい対応で臨むべき…ケガをさせても再び教壇に立ててしまう教育界に苦言

1/2

 学校内の道場で2人の男子生徒に対し柔道の投げ技や寝技をかけ、1人に背骨を折る重傷を負わせたとして、宝塚市立長尾中学校の柔道部顧問の男性教師が逮捕された事件。宝塚市の森恵実子教育長は13日の会見で「被害を受けられたお子様には大きなケガと深い心の傷を与えてしまった。心から深くお詫びを申し上げる」と謝罪した。

・【映像】防止策は効果なし?体罰をなくすために教育の現場に必要なことは

 道場の冷凍庫のアイスクリームを無断で食べたこと腹を立てた末の暴行。男性教師は男子生徒が失神すると頬を叩いて目覚めさせ、技をかけ続けたという。しかも、教員が「普段よりきつい練習をした」と説明していたため、学校の対応は遅れた。体罰だと認めたのは、保護者の指摘を受けてからだったという。

 「当初は生活指導上の問題に対して厳しい指導をした、いつもより強い練習をした、というようなことを聞いた」「学校の初期対応がまずかった点が多かったと思うが、ケガの具合を十分に把握していなかった」(13日の会見での田中誠校長の説明)。

 名古屋大大学院の内田良准教授は「柔道など、選手同士が接触するコンタクトスポーツの部活動中に起きた体罰というのは“たまたま練習の中で起きたことだ”と言い訳がしやすく、非常に見えにくい。今回の教師も、まさに指導の中で起きた、やむを得ないことだったと説明したのだと思う。また、まずは校長に、そして教育委員会に情報が上がっていくわけだが、そのプロセスの中で、子どものため、教育のための“指導の一環”、“行き過ぎた指導”、“たまたまちょっとひどくなってしまった”と理解され、途中で止まってしまうこともある」と説明する。

 さらに男性教師は、生徒に対するビンタや頭突きで過去に3度の処分を受けていた。

 兵庫県教委では「NO!体罰」という教員向け資料を作っているが、再教育などのシステムはなく、本人の「アンガーマネジメントを受けた」との報告に対して内容・期間などを把握することはなく、口頭で感情のコントロールをするよう注意するに留まっていたという。

 折しも、わいせつ教員の再犯率が注目されており、文部科学省は先月、教師の処分歴の閲覧期間を大幅に延ばすことを決め、一度処分された教師への対応を厳格化した。一方、体罰については対応が遅れているようだ。

あわせて読みたい

「体罰問題」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    携帯料金 値下げは1000円程度か

    S-MAX

  10. 10

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。