記事

非正規格差「不合理でない」と最高裁判決

非正規労働者と正社員の待遇格差をめぐって、退職金やボーナス(賞与)を支払わないことの是非が争われた2件の訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は、昨日13日、「各企業などにおける賞与、退職金の性質や支給目的を踏まえて検討すべきだ」と判断した、と報じられています。

その上で、今回のケースは「不合理な格差」には当たらないとし、退職金や賞与の支払いを命じた二審判決を変更しました。退職金の格差に関する最高裁の判断は、初めてのことです。

退職金に関する東京メトロ子会社「メトロコマース」の元契約社員の訴訟では「退職金は労務対価の後払いや、継続的な勤務に対する功労報償など複合的な性質がある」と指摘し、正社員への登用制度が設けられていたことを踏まえて、請求を棄却しました。

林裁判長など4人の意見で、行政法学者出身の宇賀裁判官は退職金を支払うべきケースだとする反対意見を述べました。 二審東京高裁は「正社員と同じ基準で算定した額の少なくとも4分の1すら支給しない場合は不合理だ」としていました。

賞与に関して判断した大阪医科大の元アルバイト職員の訴訟では、賞与は労務対価の後払いや功労報償の趣旨があり「正職員としての職務を遂行できる人材を確保し、定着を図る目的で支給している」としたうえで、二審の大阪高裁判決が「賞与が正社員の支給基準の6割に満たない場合は不合理だ」と約109万円の賠償を命じたものを変更し、夏期休暇を与えなかったことに対する5万円の支払いを命じました。宮崎裁判長など5人一致の結論でした。

この二つの判決は、現在働き方改革が進められ、曲がりなりにも安倍政権で「同一労働同一賃金」がうたわれて、非正規労働者と正社員の基本給、賞与、各種手当、福利厚生なども含めた考え方や格差の例を厚生労働省が指針にまとめている等の、格差是正に逆行していて、納得のできない判決だと思います。

労働法の水町東大教授は、労働法20条(契約社員やアルバイト職員など有期契約で働く人と正社員との間で、労働条件の「不合理な差」を禁じた規定)の解釈として問題のある判決だ。計算方法や支給の実態を踏まえて判断するべきで、そうした主観的な意図を認めてしまえば、脱法行為が許されることになりかねない」としていて、その通りだと思います。

この判決は、労働者より経営側に重きを置いたもので、二審などで少しずつ進んできた格差是正を否定するもので、残念です。非正規労働者は、労働者全体の約4割になっています。

超少子高齢社会のトップランナーの日本としては、労働力人口(20~65歳の労働力)が、年々1%ずつ減っているのですから、多様な働き方を、公正な報酬で進めていかなければ社会が成り立たなくなると考えています。時代を逆戻ししたような判決には、憤りさえ感じます。

菅政権も安倍政権を引き継ぎ、同一労働同一賃金を推進するのなら、もっと明確な指針などを出して、企業に働きかけていくことが必要だと思います。

あわせて読みたい

「非正規雇用」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。