記事

楽天koboに電子書籍点数を過大表示で行政指導

 やっぱり……というか、今ごろ出てくる実態だが……。
 楽天koboが登場したときから、アピールされる書籍点数と実数との乖離で批判されていたが、行政側も見て見ぬふりはしなかったようだ。

朝日新聞デジタル:楽天、電子書籍点数を過大表示 消費者庁が行政指導 - 経済
 ネット通販大手の楽天が電子書籍端末を7月に発売した際の宣伝に景品表示法違反(優良誤認)の恐れがあるとして、消費者庁から口頭注意の行政指導を受けていたことが分かった。発売前、楽天は日本語書籍の数を「3万冊」と宣伝したが、発売時に提供できたのは約2万点にとどまった。

(中略)

消費者庁は、楽天の宣伝が「実際よりも著しく優良な表示」にあたる恐れがあると判断した模様だ。


 目標は期限までに達成できず、水増しも多いため、いまだ改善されたわけでもないように思う。
 それにしても、ニュースとして出てくるまで、楽天は黙っていたわけだね。指導を受けたことを自ら公表して、反省するという誠実さはないようだ。

 年内に20万点と豪語していたが、その目標は今も有効なのだろうか?
 現状の週に約1000点ペースでは、年内(あと10週)に1万点くらいしか増えない。20万点を達成するには、週に1万4000点ペースで増やさないと不可能だ。
 どう考えても不可能な数字。
 せめて目標の下方修正をするくらいの正直さは欲しい気がする。

 ところで、Amazonのkindleストアは、なかなか使い勝手のよさそうな感じになっている。こういうところでもAmazonは用意周到だね。
 また、同時に自費出版をサポートするサービスも開始している。
 これまたすごい。
 売れるかどうかは未知数だが、Amazonの電子ブック自費出版からヒット作が登場すると、本当の意味での出版革命になると思う。
 楽天koboだけでなく、既存の出版社もうかうかしていられない状況になるかもしれない。

あわせて読みたい

「Kobo」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  3. 3

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  7. 7

    養老孟司氏 考える力身につけよ

    NEWSポストセブン

  8. 8

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  9. 9

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。