記事

フランス、パリなど9都市に夜間外出禁止令 新型ウイルス第2波が加速

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は14日、新型コロナウイルスの流行拡大を受け、パリなど9都市に夜間外出禁止令を発布した。これらの都市では17日から少なくとも4週間、午後9時から翌午前6時まで外出が制限される。

テレビで放映されたインタビューでマクロン大統領は、公衆衛生の緊急事態も宣言した。今回の制限で経済的な打撃を受ける企業には、政府から補助金が支払われる。

この日はドイツでも、感染リスクの高い地域で、バーやレストランなどの閉店時間が前倒しされた。

ドイツでは4月以降で初めて、1日の新規感染報告が5000件を超えた。アンゲラ・メルケル首相の発表によると、人口1000人当たり50人以上の感染者がいる地域では、飲食店の営業が午後11時までに制限される。

私的な集まりも、2世帯10人までに制限された。

<関連記事>

フランスで夜間外出禁止が発令されたのは、パリとその周辺のほか、マルセイユ、リヨン、リール、サン=テティエンヌ、ルーアン、トゥールーズ、グルノーブル、モンペリエの各都市。

全体で2200万人に影響が出る見込み。期間は4週間とされているが、状況によっては6週間に延長される可能性もあるという。

この期間中、午後9時から翌午前6時まで、レストランなどの飲食店や他世帯を訪ねることが禁じられる。また、夜間に家を出るには相当の理由が必要になる。

マクロン大統領は、外出禁止を国民にお願いするのは「厳しい」ことだと理解していると話した。

外出禁止を破ると135ユーロ(約1万7000円)の罰金が科せられる。一方、重要な案件での外出は許可される。

また学校は授業が続けられ、日中であれば他地域への移動も可能だ。

これとは別に、個人宅に6人以上が集まることも禁止される。しかし大家族は例外だとマクロン大統領は説明した。

マクロン大統領は、2度目の全国的なロックダウンは「過剰な措置だ」と述べた。

「今晩、私が皆さんにお伝えしたいのは、皆さん一人ひとりが、私たちがお互いに、対策を考える必要があるということ。共にこの危機を乗り越よう」

フランスの現在の状況は?

同国では14日、新たに2万2951件の新規感染が報告された。1日に2万件を超えるのは、過去6日間で3回目となる。

これについてマクロン氏は「動かなければいけない。ウイルスの感染拡大にブレーキをかけなければならない」と話した。

また、ウイルスはパーティーや「祝いの席」などで広がっていると説明。今は「宴会」を開いている時ではないと述べた。

マクロン大統領は、1日当たりの感染者を3000人まで減らしたいとしている。

マクロン氏はさらに、今回の流行はフランス全土に広がっており、春の第1波とは違うものだと指摘した。

フランスはこの春に全国的なロックダウンを敷き、第1波を抑制した。

その後、経済を立て直すために夏の間はバーやレストランの営業を再開させ、外国人観光客も受け入れた。学校も再開し、大学では秋から対面での授業が行われるようになった。

しかし8月以降、新規感染報告は増え始めており、ここ数週間で急加速した。

COVID-19による入院患者も、6月以降で初めて9100人を超えている。

フランスではこれまでに3万3000人が新型ウイルスで亡くなっており、世界で9番目に多い。

欧州のその他の国では?

欧州には新型ウイルス流行の第2波が訪れており、各国政府が新たな制限を次々と発表している。

  • オランダでは一部地域でロックダウンが始まり、カフェやレストランが休業している
  • スペイン北東部の人口750万人のカタルーニャ自治州では、15日から15日間、バーやレストランの営業がテイクアウトのみに制限される。ジムや文化施設では定員の50%まで、その他の店舗やショッピングセンターでは30%までに収容人数が制限される
  • チェコでは一部地域で13日から3週間のロックダウンが始まり、飲食店や学校が閉鎖されている。同国では過去2週間にわたって人口10万人当たりの感染者が581.3人と、欧州で最も感染率が高い状態が続いている
  • アイルランドでは15日夜から、他世帯の訪問が禁止される。ただし、育児支援などは除外となる
  • ポルトガル政府は15日から、6人以上の集会を禁止した。結婚式や洗礼式には50人まで参加可能だが、大学でのパーティーは禁止される
  • イタリアでは14日、1日の新規感染が7332件と、大規模検査が始まって以降で最多を記録した
  • ポーランドでは14日、1日当たりの死者が116人と過去最多を更新。感染者も6526人とこれまでで最も多かった
  • ベルギー政府は、現在の感染状況が続けば11月半ばには国内の集中治療室全2000床が満杯になると警告している

(英語記事 France orders curfew in nine cities to battle virus

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。