記事

トランプは未承認新薬で回復し、支持者はマスクなしで密集

トランプ氏は3日で回復し、国民は21万人以上が死亡した(CNP/時事通信フォト)

 トランプ氏の「コロナ克服パフォーマンス」が支持者を熱狂させている。本人は治験段階の新薬を使う一方、支持者たちはマスクなしで密集させる。その「人間の盾」は、同氏の失政や情報隠蔽への批判を防ぐために犠牲になるのだろうか。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏が、アメリカ人の憂いを伝える。

 * * *
「この大統領は自分自身がフェイクだよ!」と電話口で叫んだのは、ニューヨーク郊外の閑静な田舎町に住む長年の友人P氏である。ウォール・ストリートの大手商業銀行に勤めるエリートだ。電話の話題は、トランプ大統領がホワイトハウスで開いた集会について。

 アメリカでは、コロナウイルス感染症の拡大はいまだ減速していない。にもかかわらず、トランプ氏の集会にはマスクも着けない支持者たちが「密」な状態でひしめき合っている。トランプ氏自身もマスクを外し、コロナを克服した強い男であるとアピールして喝采を浴びる。この集会の案内には、わざわざ「マスクを着用しなくてよい」と明記されていた。それが「トランプ支持」の証だとでも言いたげである。J氏が怒るのは、自身の選挙のために、支持者やその周囲の人たちを感染の危険に晒している大統領の無責任さに対してだ。

 ある専門家の推計では、もしコロナ危機の初期からアメリカ国民の95%がマスクを着けていたら、死者数は現在の20%で済んだとされる。しかもトランプ氏は、今年1月の段階で、すでにこのウイルスの恐ろしさを報告されていたにもかかわらず、「インフルエンザより怖くない」と嘘の情報を国民に伝えていたことが暴露されている。

 トランプ氏と熱狂的な支持者たちは、そうした証拠や証言に基づく報道も情報も、ことごとく「フェイクだ」と一蹴してきた。半年余りで21万人以上の命が失われているのに、いまだコロナの恐ろしささえ認めようとしない。トランプ氏は、公の場に現れる時こそマスクを着けるようになったが、演台に立つと、おもむろにマスクを外し、ポケットにしまい込むのである。その動作には、「ほら見ろ、コロナは怖くない。俺は強い」というアピールが込められている。P氏が「大統領こそフェイクだ」というのは、そうした間違った情報を広めるパフォーマンスに我慢ならないからだ。

 P氏の苛立ちは、そのパフォーマンスを真に受ける支持者のせいでもある。集会の様子を伝えるCNNのリポーターは、マスクを着けていない初老の女性にマイクを向け、「コロナが怖くはないのですか?」と質問する。女性は、「まったく怖くありません。私は恐れない。私はウイルスに侵されることはありません」と平然と答えるのである。別の若い男性は、「私はすでに抗体を持っていると思う。いずれすべての人が抗体を持ち、コロナは普通の病気になって終わる」と答えた。

 これらはすべて、専門家が否定していることである。WHO(世界保健機関)は、集団免疫によってパンデミックが収まるという見方を公式に否定している。当然である。先の男性が言うように、アメリカ人の大半が自然にコロナ感染して抗体を持つようになるまでには、いったいどれだけの発症者と死者を出さなければならないか、想像するのも恐ろしい。

 トランプ氏の「コロナは怖くない」キャンペーンは、自らのコロナ対策の失敗や情報隠蔽をごまかすためのものだろう。見え透いた戦略に見えるが、本人が感染し、わずか3日で退院して選挙戦に復帰したことで、少なくとも支持者に対しては説得力を持ってしまった。

 しかし、トランプ氏の前にマスクなしで密集する支持者たちが、トランプ氏と同じ治療を受けられる可能性はほとんどない。トランプ氏は、胎児の細胞を実験に使用したとして批判されている未承認の新薬「ポリクローナル抗体カクテル」を投与され、本来は重症者が使用する強いステロイド剤「デキサメタゾン」を使い、コロナ治療薬「レムデシビル」は複数回用いられた。新薬はまだ初期の治験段階だし、この3種類の薬を同時に使った人類はトランプ大統領ただ一人である。

 筆者の知人で免疫研究者であるベテラン医師は、モノクローナル技術を用いた新薬には、必ず副作用の危険が伴い、認可までには多くの治験と長い時間が必要だと述べた。トランプ氏が自ら命を懸けて新薬の実験台になるのは自由だが、その選択肢すらない国民を巻き添えにすることは許されない。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    携帯料金 値下げは1000円程度か

    S-MAX

  10. 10

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。