記事

幼児教育「ヨコミネ式」創設者・横峯吉文氏のDVを元妻と子供が告白《法廷闘争“全面対決”へ》 「お前みたいなバカな女は何もできん」日常的暴力で家庭崩壊 - 「文春オンライン」特集班

1/2

 保育園児が跳び箱10段を跳び、倒立歩行。さらに九九算も覚え、漢字を読み書きし、3年間で平均2000冊の本を読破する――。

【画像】横峯吉文氏とDVを告発した元妻A子さん

「すべての子供が天才である」をモットーに、鹿児島から全国に広がった独創的な教育方法がある。子供の向上心や競争心に火を付け、強制することなく自分で学ぶ力を伸ばすこの教育法は「ヨコミネ式」と呼ばれている。いまでは、全国で約400もの保育園・幼稚園が、このヨコミネ式カリキュラムを導入しているほどの人気なのだ。

 この教育法の考案者が元国会議員・横峯良郎氏の兄で、鹿児島で保育園理事長を務める横峯吉文氏(69)だ。

横峯吉文氏(ヨコミネ式教育法ウェブサイトより)

 ヨコミネ式は20年ほど前に考案され、近年では、2019年の四大陸選手権で優勝した女子フィギュアスケーターの紀平梨花選手が「ヨコミネ式」を導入した幼稚園(兵庫県)の卒園生だったことから再び注目を集めた。

著書は異例のベストセラーに

 鹿児島県保育連合会理事の経歴を持つ吉文氏は、“幼児教育のカリスマ”として、講演会で全国を駆け回っている。独自の幼児教育論を唱える著作は、『「ヨコミネ式」子どもの才能の伸ばし方』(小学館)、『「ヨコミネ式」天才づくりの教科書』(講談社)など数十冊刊行され、『天才は10歳までにつくられる』(ゴルフダイジェスト社)は教育本としては異例の10万部を超えるベストセラーとなっている。

 しかし、「文春オンライン」編集部には、吉文氏の“幼児教育のカリスマ”というイメージからは程遠い証言が寄せられていた。教育関係者が明かす。

「いまや横峯さんは新たな教育法を生み出した人物と崇められていますが、本人は奥さんやお子さんに暴力を振るい、警察沙汰になったこともある。女性関係も派手で保育園内で不倫関係が明るみになって、過去には園長を退任したこともありました」

 取材班が鹿児島県へ向かい、現地で取材を進めると、「ヨコミネ式」を運営する横峯家の中で、元妻、実子の告発を、吉文氏が否定する骨肉の争いが繰り広げられていた。

「俺がルールだ」「言うことを聞け」

 現在、吉文氏は「ヨコミネ式」の窓口業務を行うヨコミネ株式会社の代表取締役で、同時に鹿児島県内で3つの保育園を運営する社会福祉法人純真福祉会の理事長を務めている。

 取材班は、鹿児島で教育関係者や近隣住人、元従業員、親族らに取材を進めた。その中で、2019年に吉文氏と離婚した元妻のA子さんと接触する機会を得た。当初は口を閉ざしていたが、記者が「長年、暴力を受けてきたと取材で聞いている」と伝えると、彼女は涙ながらに語り始めた。

「これまでは子供たちのことや、『ヨコミネ式』を信じて支えてくださる方が心配で、DVが知れたら教育者として問題になると思い自分の中にとどめてきました。しかし、私や家族の前での彼は、父親でもなく教育者でもありませんでした。

 私や自分の子供たちを理不尽に殴りつけ、蹴り上げるあの人は『俺がルールだ』『俺に逆らうな』『俺の言うことを聞け』『俺の機嫌を損ねるな』が口癖です。結婚していた期間の大部分が暴力に怯える日々でした。愛人問題を家庭に持ち込んだこともあった。離婚後も不誠実な対応が続いていて、いま吉文氏を相手取って不貞行為の慰謝料などを巡って裁判を起こす準備も行っているところです」

園長になった頃からDVがエスカレート

 A子さんによると、結婚当初から壮絶な家庭内DVが始まり、吉文氏が保育園運営に参入し、1983年に園長に就任した頃からエスカレートしたという。

「保育園を始めて2、3年が経って彼が園長になった頃、暴力が酷くなりました。たとえば、私が朝から沈んだ顔をしていたのかもしれませんが、返事がよくなかったようで『お前みたいなバカな女は何もできんくせに!』と言われてビンタされる。最初の頃は平手でビンタでした。そして、『なんで俺が平手で打つかわかるか。俺がげんこつで叩けば頬骨が折れる。それを避けるために平手で打つんだ!』と怒鳴るのです。

 平手で叩かれても、頬は腫れ上がりました。彼は柔道の有段者で、自衛隊では銃剣道もやっていた。髪の毛を掴まれて投げ飛ばされ、お腹や脚を蹴られることもありました。ひどいときは週3、4日、気が済むまで暴力を振るい続けました」

 当時のA子さんの異変を、学生時代からの友人女性が次のように証言する。

「A子さんとお昼ご飯を食べた時のことでした。待ち合わせ場所に現れた彼女の左腕が真っ青なんです。『どうしたの?』と聞いたら、旦那さんに投げ飛ばされたと言う。旦那さんは明るくてすごく感じのいい人という印象があったので、私も暴力を振るうことなど最初は信じられなくて、『あなたが悪いんじゃないの』と言ってしまうほどでした。

 その後も、DVについての話をA子さんから聞いていました。でも、今でこそDV被害者を守る保護施設があったりしますが、当時はそういった環境は整っていない。A子さんは何度も家から逃げ出していましたが、結局は『子供がいるから帰る』と戻っていく。次第にA子さんは『自分が悪いから』『自分がバカだから』と思い込んでしまい、どんどん萎縮していきました」

あわせて読みたい

「DV」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。