記事

《「相棒」歴代相棒を分析!》なぜ反町隆史は“最高の相棒”なのか? 寺脇康文、及川光博、成宮寛貴… 図説「武家顔 or 公家顔」「肉体派 or 頭脳派」… - 田幸 和歌子

1/2

 2000年から長きにわたって放送されている人気ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)。10月14日には、ドラマ誕生20周年イヤーとして、新シリーズ「相棒season19」がスタートする。現在水谷豊演じる杉下右京の“相棒”を務めているのは4代目相棒の冠城亘(かぶらぎわたる・反町隆史)である。

【画像】表でみる薫、カイト、神戸、冠城の“相棒力”

 ドラマに限らず、アニメでもバラエティでも長寿番組のメインキャラが交代するときには、たいてい批判的な声が噴出する。愛着ある世界が作り替えられてしまう寂しさや、“思い出補正”もあるだろう。それゆえ、どうしても初代が至高と言われがちである。

映画「相棒 劇場版IV」のイベントに水谷豊(左)と反町隆史が登場

 しかし「相棒」に至っては、「4代目の反町隆史こそが最高の相棒」という声も多い。視聴者からの支持もあるのだろう。反町はseason14から6回に渡って相棒を務めている。 

 反町隆史の相棒としての魅力は、一体どこにあるのだろうか。

 バディもので重要なのは、“ビジュアル”と“能力”の凸凹感、そして相棒との“関係性”だ。右京は涼し気な目元にあまり感情を表に出さない“公家顔”かつ、天才的な頭脳を持ち論理的に事件を解決に導く“頭脳派”。相棒がこの右京とどうバランスをとっているかで、作品のテイストも大きく変わってくる。まずは過去の相棒たちを振り返ってみよう。(※本稿にはテレビ版「相棒」シリーズのあらすじが書かれています。ネタバレになる可能性があるのでご注意ください)

初代相棒は暑苦しめの“武家顔”

 長寿ドラマ「相棒」の土台を築いたのは、約6年に渡って初代相棒を務めた亀山薫(寺脇康文)だ。

 薫は暑苦しめの“武家顔”。単純で熱血、危険を顧みずに身を挺して職務にあたるような真っすぐさがあった。そして卓越した推理力を持つ右京とは対照的に、粘り強く足を使って地道に聞き込みする“肉体派”だ。

 薫の前に右京の相棒に任命された警察官6人はみんな「最短1日、最長でも1週間もたなかった」が、薫と右京は馬が合った。薫は右京の負傷を心配して怒ることもあるほど右京にはとにかく忠実で、右京もおっちょこちょいなところはあるが人情に厚く、労を厭わずに捜査に当たる薫を可愛がっていた。

 初代であることに加え、右京との対比も分かりやすく今でも“相棒”といえば薫をイメージする人も多いだろう。

 今改めて観ると、初期の右京は意外に全力疾走したり、不意にキレのある動きを見せたりと、若々しさに驚かされる部分もある。実際に右京が若かったということもあるだろうが、薫のキャラクターに動かされていたようにもみえる。今ほど複雑で混沌としていなかった時代性ゆえに身近な話題が多く牧歌的だったが、アクションシーンと推理要素のバランスがよく、多くの「相棒」ファンを獲得した。

2代目は“敵役”としてスタート

 それに対して、season7の途中からseason10まで、2代目相棒を務めた神戸尊(かんべたける・及川光博)は“公家顔”ד頭脳派”で右京と似たタイプだった。

 元々ノンキャリアだったがその優秀さから推薦を受けて警察庁に採用された神戸は、独断で行動しがちな右京を監察するためのスパイとして特命係に送り込まれる。相棒というよりも“敵役”としてスタートしたため、最初は探り合いにも似たやりとりが繰り広げられた。右京からのイヤミ攻撃に神戸がイライラしたり、先回りして自分の推理を喋りすぎる神戸に右京が「少し黙っていてください」と注意したりと、序盤では噛み合わないやりとりが多く、ヤキモキした視聴者も多かったのではないだろうか。

 神戸はスパイという立場もあり、報告書に右京について「付き合うのに骨が折れる」と記録したり、「前の相棒はどういう神経だったのか」と訝しむこともあり、初代相棒の薫とは真逆のキャラクターとして描かれた。物語そのものも、おおらかな明るさがあった前シリーズに比べ、内的で静的な重い展開になりがちだった。

 もちろん、当初は警戒し合っていた右京と神戸が事件をきっかけに理解を深めていく様子に“萌え”はあった。一歩及ばないとはいえ、右京も一目置く推理力を持つ神戸は、右京とある種対等に渡り合っていた。神戸が“相棒”をお役御免となった後、season17の元日スぺシャル「ディーバ」で、右京からの依頼を受けて特命係の窮地に再登場を果たした際には、やはり右京は神戸を頼りにしていたんだなとファンが大いに沸いたものだ。

 しかしながら、アクションシーンは少なく社会派のテーマが多かった。全体的にはスマートながらも“暗い相棒”だった。

最も若い3代目相棒は成宮寛貴

 神戸の後を継ぎ、season11から13まで3代目相棒を務めたのは、最も若い「カイトくん」こと甲斐享(かいとおる・成宮寛貴)だ。

 話は右京とカイトが偶然香港で出会うところから始まる。最初はお互いの身分を知らなかった2人だが、香港領事館で起きた拳銃暴発事件隠ぺいに一緒に立ち向かっていく。カイトは警察庁次長の息子という“七光り”の持ち主だが、父親への反発心もあり青臭い正義感で突っ走っていたが、そんな姿を見て右京はカイトを相棒に指名するのだ。

 少しタイプは違うものの、カイトは初代相棒の薫と同じ“武家顔”ד肉体派”だ。カイトが暴れることで作品に動きが増し、作品全体のトーンは明るかった。

 当初、カイトは“チャラく、生意気で、短絡的な若者”だったが、右京への尊敬の念を深めるにつれ、落ち着いた警察官に成長していく。右京もカイトの内なる正義感を「警察官にとって一番必要なものを持っている」と評価し、右腕として重用した。薫との関係同様、心を通わせた相棒関係を築いていく。ときには“おじいちゃんと孫”のような仲の良さも見せていた。

 しかしseason13の最終回で、カイトが親友の妹が殺された事件をきっかけに、犯罪者に暴力で制裁を加える「ダークナイト」として様々な事件を起していたことが発覚する。カイトは逮捕され、特命係は休止に追い込まれ、右京はイギリスへと旅立つことになってしまう。

 カイトはなぜ犯罪に手を染めてしまったのか、疑問は残るばかりだ。しかしラストで描かれた右京の乗った飛行機を、涙を浮かべて見送るカイトの姿を見ると、どうやら右京への思いだけはウソではなかったようだ。

あわせて読みたい

「反町隆史」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。