記事
  • 東龍

トリキ錬金術で露呈した「Go To イート」の真の問題とは? 利用者が覚えておきたい注意点も

1/2

[画像をブログで見る]

「Go To イート」開始

2020年7月22日に開始された「Go To トラベル(Travel)」に続いて、「Go To イート(Eat)」も10月1日にスタートしました。管轄している農林水産省から公式サイトもリリースされており、詳細が記されています。

農林水産省 GoToEatキャンペーン

「Go To イート」は、新型コロナウイルスの感染拡大によって大きな打撃を受けた飲食店を救おうという全国的なキャンペーンです。

対象となる飲食店は、店内飲食を主とする日本標準産業分類の「76 飲食店」に属する業態。ただし、風営法の業態に該当する飲食店は除きます。

メディアにも大きく取り上げられているので、多くの方は「Go To イート」が始まっていることを知っているでしょう。

ただ、報道の多さや知名度のわりには「Go To イート」が一体どういったものであるのか、あまりよく理解されていないように感じられます。

関連記事
「Go To トラベル」に続いて「Go To イート」もダメそうな5つの理由

前回は施策に疑義を呈する記事を書きましたが、今回は利用者の視点に立ち、仕組みや利用時の注意を中心に説明していきましょう。

「Go To イート」概要

「Go To イート」には、食事券とオンライン飲食予約の2つがあります。

食事券
(給付金868億円)
登録飲食店で使えるプレミアム付食事券(購入額の25%分を上乗せ)

  • 地域の飲食店で使える食事券(例:1セット1万2,500円を1万円で購入)の発行事業者を都道府県、政令指定都市及び特別区単位で公募
  • 購入制限:1回の購入当たり2万円分(上記の例では2セット/人まで)
  • おつりは出ない
  • 販売は2021年1月末まで、有効期限は3月末まで
出典:「Go To Eatキャンペーン事業」について(農林水産省)

食事券は1万円で25%が上乗せされた1万2500円の紙製チケットを購入し、登録された飲食店で使えます。地域によっては1万円ではない場合もあるので、確認が必要。

500円や1000円単位で使用でき、おつりは出ません。1日1回の購入で2セットが上限となっています。

オンライン飲食予約
(給付金616億円)
オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した消費者に対し、次回以降に飲食店で使用できるポイントを付与

  • 昼食時間帯は500円分、夕食時間帯(15:00~)は1,000円分のポイントを付与
  • ポイント付与の上限は、1回の予約当たり10人分(最大10,000円分のポイント)
  • ポイント付与は2021年1月末まで、利用は3月末まで
出典:「Go To Eatキャンペーン事業」について(農林水産省)

オンライン飲食予約は、グルメサイトでオンライン予約して来店すると、次回以降に使用できるポイントが付与されるというもの。

ランチには500円、ディナーには1000円が付与されます。1回の予約あたりに付与できるのは最大10人分。ディナーは15時以降と定められています。

食事券の販売とオンライン飲食予約のポイント付与は2021年1月末まで、利用はともに3月末まで。

食事券は自治体によって異なる

「Go To イート」に関する概要は以上の通りです。

どちらともわかりにくい点があるので、もう少し細かく説明したいと思います。

まずは食事券から。

食事券の販売は自治体ごとに行われています。基本的に自治体は、そこで使える食事券を販売しているので、購入した地域だけでしか食事券は利用できません。

店内飲食だけではなく、テイクアウトやデリバリーにも使用できます。ただし、先に述べたようにデリバリーやテイクアウトの専門店は対象外です。

自治体によって販売開始時期が異なっており、最も早かった新潟県が10月5日、多くの自治体は10月中旬から。遅いところでは11月上旬からとなっています。

自治体によって状況が違うので、食事券の販売開始時期や販売場所は、自治体のサイトや「Go To イート」公式サイトでよく確認しておきましょう。

食事券を発行する事業者の2次公募が行われ、東京都、神奈川県、北海道、福岡県など、1次公募で事業者が決定されなかった14地域についても、10月1日に全て事業者が決まりました。決定したばかりなので、これらの地域については、今後のスケジュールが未定です。

オンライン飲食予約はグルメサイト依存

オンライン飲食予約についてもわかりにくいところがあります。

食事券とは異なり、店内飲食を主とする飲食店の店内飲食だけが対象で、テイクアウトやデリバリーではポイントが付与されません。

グルメサイトによって仕様が全く異なるので、留意しておく必要があります。

「Go To イート」の対象となっている飲食店は、グルメサイトが定めた条件に適合した飲食店です。地域による区分はありません。

グルメサイトによってポイントの種類が異なります。

食べログはTポイント、ぐるなびはぐるなびポイントか楽天ポイントが選択でき、Rettyは独自クーポン、OZmallはOZポイント、HOT PEPPERはホットペッパーグルメ限定ポイント、ヒトサラはヒトサラポイント、favyとトレタはポケペイのEatポイント。

統一されたポイントではないので、付与されたポイントを、他のグルメサイトで使用することはできません。

たとえば、Aという飲食店を予約して訪れ、ポイントが付与されます。その付与されたポイントを使って、Bという飲食店を予約しようとしても、Aを予約したグルメサイトと、Bを予約するグルメサイトが異なっていれば、付与されたポイントは使えないのです。

飲食店に訪れた後、いつポイントが付与されるかも、付与されたポイントが何に使えるかも、グルメサイトに依存しています。

あわせて読みたい

「GoToEatキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。