記事
  • ロイター

マレーシア王宮、コロナ制限で全会合延期 政争巡る決定先送り


[クアラルンプール 14日 ロイター] - マレーシア王宮は、新型コロナウイルス流行に伴う制限令を受け、14日以降の全ての会合を2週間見合わせる。王宮関係者が明らかにした。野党を率いるアンワル氏が新政権樹立を目指していることを巡り、国王の決定が先送りされる公算が大きい。

アンワル氏は13日、国王と面会し、下院(定数222)議員のうち120人からの支持を得たことを示す文書を提出したことを明らかにした。同氏は自らが議会の「信任」を得たとしてムヒディン首相の辞任を求め、新政権の樹立を目指している。今後の政局混迷打開に向け、国王の判断が焦点となっている。[nL4N2H424Y]

国王はアンワル氏の主張を確認するため主要政党の党首と会談する予定だったが、首都クアラルンプールおよび隣接するスランゴール州で14日から2週間の部分的なロックダウン(都市封鎖)措置が取られた。

王室の会計監査官はロイターに対し、新型コロナ感染者が増える中、CMCO(条件付き活動制限令)により王宮のロックダウンが実行されたことを明らかにした。制限令が解除された後に各党首との新たな会談日程を設定するとした。

マレーシアでは13日、新型コロナを巡り、660人の新規感染者と4人の死亡が報告された。累計の感染者は1万6880人、死者は163人。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  9. 9

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  10. 10

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。