記事

渡哲也から「あとは頼む」 舘ひろし 石原プロ解散後に新事務所設立計画 - 「週刊文春」編集部

 故・石原裕次郎が設立して58年、来年1月16日をもっての解散が決まっている芸能プロダクション「石原プロモーション」。同社所属の舘ひろし(70)が、来年春を目途に新事務所を設立し、徳重聡(42)らも合流する方向であることが「週刊文春」の取材でわかった。


舘ひろし

 同社の事情を深く知る関係者によれば、今年春、同社の解散が所属俳優たちに告げられた時点で、舘は、当時都内の自宅で療養を続けていた渡哲也に相談を持ちかけた。

 そのとき渡は、

「事務所の解散後は、若い社員や役者の面倒を見てやってほしい。あとは頼む」

 と言葉をかけた。舘は「……わかりました」と言葉少なに応じたという。石原亡き後の同社を支え続けてきた渡が78年の生涯を閉じたのは、それから間もない8月10日だった。

「渡に託され、舘は決意を固めた。解散後、来春に新事務所を設立する方向で進んでいます。社長は舘か、現在石原プロでチーフ格を務めている人物になると思われます」(事務所関係者)

 別の関係者は、現在も同事務所に所属する俳優のうち、徳重、池田努(41)、増本尚(20)は舘と行動を共にし、事務所在籍歴では舘の10年先輩にあたる神田正輝(69)は、当面フリーで活動していく見込みだと証言する。

 石原プロに舘の独立計画について尋ねると、「先々のことは決まっていないのが現状。お答えできることがありません」と回答した。

 解散が決定してからの石原プロ内の動きや舘の最近の仕事ぶりなど、詳しくは10月15日発売の「週刊文春」が報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年10月22日号)

あわせて読みたい

「渡哲也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  3. 3

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  8. 8

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  9. 9

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。