記事

誰が6人の学者を任命拒否したのか

日本学術会議の会員任命拒否問題について、なぜ6人が任命拒否となったのか理由の説明がないまま。

加えて、さらに菅総理が「105人の推薦人リストを見ていない」ということであれば、一体誰が6人をリストから削除したのかがもうひとつの焦点となっています。

一部の報道では杉田官房副長官の関与が取り沙汰されています。

今日の野党ヒアリングにおいては、元文科次官の前川喜平氏から話を聞きました。2016年、文化功労者を選考するための分科会メンバーを閣議了解してもらおうと、そのメンバー案を杉田副長官に持ち込んだところ、政権に批判的だとの理由などで2名を拒否された経緯が報告されました。文化功労と政権への意見は別物のはずです。

政府は依然として、誰が6人が任命拒否となったかについても無回答。しかしこの点での政府の説明は不可欠。誰が責任を負うのかがかかっているからです。

国会の場でもさらに明らかにする必要があります。

あわせて読みたい

「日本学術会議」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。