記事

“縦割り行政”の弊害だ! 橋下徹が語る「Go Toキャンペーンは何が間違っているのか」- 「文藝春秋」編集部

「規制改革」「行政改革」「縦割り打破」。

 菅義偉政権発足後、「改革」という言葉がよく聞こえてくるようになった。菅首相は9月16日の就任記者会見でも「規制改革を政権のど真ん中に置く」と宣言している。この「改革」によって、日本はどのように変わるのだろうか――。

 菅首相と親交の深い橋下徹氏が、「文藝春秋」11月号のインタビューで菅政権の「改革」が目指すところを語った。


橋下徹氏

「おかしい」と感じたら、すぐに口に出す

 橋下氏は自身の経験から、「改革」を進めていくためには「おかしい」と言える感覚を持つことが重要だと語る。

「“改革力”というのは、常に身の回りのことにアンテナを張って、『これはおかしい』と感じたら、すぐに口に出すことがものすごく重要です。そうしてその都度直していく。その繰り返しです。

 僕が知事・市長だった時も、そのような作業の連続でした。

 例えば、公用車に乗ったらマガジンラックに新聞5紙がバサッと差し込まれているんですよ。庁舎に着くまでにニュースをチェックできるからいいんですけど、知事室に入ったら机の上に5紙が、知事応接室に行ったらまた5紙……。『公用車の新聞をそのまま知事室に持っていけばいいじゃないか』『どうなってるんや、この新聞の部数は』と調べさせたら、各部局がそれぞれの判断で新聞を購入していた。完全に縦割りの弊害ですよね。それで『新聞節約プロジェクトチーム』みたいなものを作って、庁内の新聞を全部点検・整理させたら、最終的に3000万円くらい削減できたらしいです」

 日本社会の喫緊の課題は「コロナ対策」だ。「改革力」を発揮して取り組めるものはあるのだろうか?

縦割り行政の弊害がもろに出ている「Go To」

「それこそ『Go Toキャンペーン』は、縦割り行政の弊害がもろに出ています。『トラベル』が国土交通省、『イート』が農林水産省、『イベント』が経済産業省と、それぞれの事業について所管が見事にバラバラになっているからです。地域を預かる地方自治体の長からすれば、『トラベル』も『イート』も『イベント』も何ら違いはなくて、『地方の経済活性化』という点では一つにまとめるべきです。

 キャンペーン全体を見ても、飲食店だけに力を入れたい地域もあるだろうし、東京のように経済規模が単体で大きな地域は、他府県から人に来てもらわなくても都民限定のキャンペーンを回していくという方法もあります。だったら各省庁の垣根を取っ払って、知事達が『トラベル』『イート』『イベント』のそれぞれのキャンペーンを、地域の実情にあわせて総合的に組み立てられるようにすればいい。それが縦割り打破の第一歩にもなると思いますけどね」

 他にも橋下氏が、今の日本経済に必要な“新陳代謝”、改革を進めるための組織マネジメント、菅政権の弱点になり得る人物について語った「『縦割り打破』はコロナ対策から」インタビュー全文は、「文藝春秋」11月号及び「文藝春秋digital」に掲載されている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年11月号)

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。