記事

《平手派また卒業》欅坂46・佐藤詩織が書いた「活動のなかで悲しかったこと」 櫻坂46の“急勾配”を運営も懸念 - 「文春オンライン」特集班

1/2

《皆さんこんばんは。今日はいつも応援して頂いている皆様にお伝えしたいことがあります。私、佐藤詩織は、ラストライブをもって欅坂46と共に活動に区切りをつけ、新しく歩んで行く櫻坂46には参加しないことを決めました。突然の発表で驚かせてしまったファンの方、ごめんなさい》

【画像】卒業発表のブログに載せた平手のイラスト


佐藤詩織 2020年6月22日の公式ブログより

 欅坂46の佐藤詩織(23)が自身の公式ブログで卒業を発表したのは、ラストライブの3日前のことだった。10月12日、13日に行われる欅坂46「THE LAST LIVE」を最後に卒業し、14日に誕生する「櫻坂46」には参加しないことになった。

倒れ込んだ平手に駆け寄って涙した

「佐藤の卒業は時間の問題と見られていました。というのも、佐藤は欅坂の中でも元センターの平手友梨奈(19)を信奉していたメンバーの1人で、『平手がいたからここまで欅坂は大きくなった』と公言して憚らなかったという経緯もあります。2015年の活動スタートから、徐々に精神的に不安定になっていく平手を支え続け、『黒い羊』のミュージックビデオ撮影では、倒れ込んだ平手に駆け寄って『よく頑張ったね』と涙を流したこともありました。

 しかし、その平手がグループから脱退を決意した今年はじめ頃から佐藤は周囲に辞意を漏らしていたようです。モチベーションはほとんど燃え尽きていたと思います」(欅坂関係者) 

「センターが平手友梨奈の欅坂」が好きだった

 2018年4月11日の公式ブログには、その平手への敬意がストレートに表現されている。

《センターが平手友梨奈の欅坂46がわたしは大好きで、たまらなくカッコよくて、わたしここにいれてるんだ、良かったなとか、センターがてちだったら欅は勝っていけるんじゃないかとか、なんていうんだろう。どこか多分勝手に安心しちゃってる部分もあって。。てちは本当に天才で、やればできちゃう子なのかなとか勝手に思っちゃってたりもしました》

「てち」は平手の愛称、「勝つ」は欅坂用語で成功するという意味である。

 実際に佐藤は、1月23日に平手が脱退を発表するのと同時に、「美術を学ぶ留学と活動休止」を発表していた。

「欅坂における『留学』は、事実上の『卒業』を意味するといっても過言ではありません。2019年秋には、鈴本美愉(22)がマルタ共和国に留学しましたが、帰国と同時に卒業しています」(同前)

 だが結局、佐藤の留学は新型コロナウイルスの影響で延期になり、欅坂46の活動に復帰した。それでも、「平手のいない欅坂」から佐藤の心は離れていたようだ。

あわせて読みたい

「櫻坂46」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。