記事

日本不動産は買えど、日本株は見向きもしない海外投資家

「外資系の大手不動産ファンドが日本で大型投資に踏み切る。ベントール・グリーンオーク(BGO、本社カナダ)は今後2~3年で最大1兆円を投じる。企業の不動産売却が増え、受け皿となる投資を拡大する。日本の不動産市場は欧米に比べコロナ禍の打撃が小さく、相対的に高いリターンが見込める。すでにアジア系PAGも最大8000億円の投資を決めており、海外勢の関心が高まっている」(12日付日経電子版 「不動産ファンド、日本で1兆円投資 企業売却受け皿に」

今年になって9月末までで日本株を5兆7773億円売り越すなど日本株に見向きもしない海外投資家だが、その一方で日本不動産への投資にはやたら積極的だ。

先月香港のPAGが日本の不動産に最大8400億円を投じることを発表したのに続いて、カナダのBGOも今後2~3年で最大1兆円を投じることが報じられている。

こうした海外投資家による日本不動産への投資が、動きが鈍くなっている国内の投資資金の刺激になり、日本経済活性化の起爆剤になればいいが。

日本の不動産は積極的に買うが、日本の株式には興味がない…。

こうした海外投資家の投資姿勢の違いを生じさせている要因が、海外投資家が中央銀行を始めとした公的資金の介入を嫌がっているというものだとしたら、日銀のETF購入は本末転倒の政策だといえる。

「世の中には、国民の感覚から大きくかけ離れている、当たり前でないことが残っている。そうしたことを見逃さずに、現場の声に耳を傾けて、何が当たり前なのかを、しっかりもう一度見極めてほしい」

アベノミクスが始まってから国内投資家にとって日銀や公的資金による日本株買い支えは「当たり前」になっている。しかし、8年近くが経過した今でも、海外投資家の目には「当たり前」には映っていないようだ。政府・日銀は、「国民感覚」だけでなく、「海外投資家の感覚」からかけ離れている日銀や公的資金による株式市場への介入について、「海外投資家の行動に目を凝らして」、何が当たり前なのかを考え直す時期に来ているようだ。

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。