記事
  • 女性自身
  • 2020年10月13日 16:34 (配信日時 10月13日 11:00)

新井浩文被告 被害者と示談成立も厳しい判決になりそうな理由



自宅で派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた元俳優の新井浩文被告(41)。その控訴審初公判が10月12日、東京高裁で開かれた。

おととし7月に東京都世田谷区の自宅で女性を乱暴したとして、昨年12月に1審の東京地裁で懲役5年(求刑5年)の判決を言い渡された新井被告。だが、判決を不服として控訴していた。

各スポーツ紙などによると、新井被告は控訴審初公判に出席せず。弁護側は懲役5年とした1審の判決が重すぎるとした上で、「女性の抵抗が著しく困難になるような暴行はなかった」と主張。さらに被害者女性に慰謝料を支払い、民事上で和解していたことを弁護人が明かしたという。

「1審に出廷した新井被告は、強硬に無罪を主張。にもかかわらず当初は女性に1,000万円の示談金を申し出たものの、断られたことで倍額の2,000万円を提示していたことも明らかになりました。女性側はそれでも応じていなかったのですが、1審の判決が出た後に和解したのでしょう」(1審を傍聴した記者)

検察側は控訴の棄却を求め、即日結審。11月17日に判決が言い渡されるというが、新井被告サイドは徹底抗戦の構えをみせたという。

「控訴理由などをつづった『控訴趣意書』が弁護側からマスコミに配布され、50ページ以上にわたって被害者証言の矛盾点を検証していたそうです。ただいっぽうで示談金を支払ったということは、新井被告に非があると認めてしまっていることにもなるでしょう」(司法担当記者)

そんな状況だけに、判決は厳しいものになりそうだという。

「控訴は棄却され、減刑されたとしてもまず執行猶予はつかないでしょう。最高裁に上告したとしても、よほどの新証拠でもないと棄却されるのではないでしょうか」(前出・司法担当記者)

このままだと、新井被告にとって時間と金を浪費するだけになってしまいそうだ。

あわせて読みたい

「新井浩文」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    「賃上げで皆さんの生活を守る」利益の上がった企業が賃上げをしないのはおかしなこと

    中西健治

    10月17日 08:39

  3. 3

    飲食業界はコロナ禍で衰退ではなく「新陳代謝」する

    内藤忍

    10月17日 09:20

  4. 4

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  5. 5

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  6. 6

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  7. 7

    「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

    PRESIDENT Online

    10月16日 15:51

  8. 8

    甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

    早川忠孝

    10月16日 17:23

  9. 9

    新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:32

  10. 10

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。