記事

GoToトラベル上限3500円継続で「高級ホテルバブル終焉」を!

インナーサークル資産設計実践会のセミナー&ワークショップを開催します。参加者に5大補足教材をプレゼント。アセットアロケーションの具体的方法を2時間で学んでください!

リニューアルして週2回定期更新!ユーチューブ内藤忍チャンネル【投資のプロが解説!人生を変える「お金の成功戦略」】を是非ご覧ください!

旅行振興政策「GoToトラベル」は、元々1人2万円(日帰りは1万円)を上限に旅行代金の半額相当をサポートするものでした。ところが、一休ドットコムなどの大手旅行サイトで、上限を3500円に引き下げる動きが出て、利用者が混乱しています(写真は一休ドットコムのサイトから)。

以前のブログに書いたように、GoToトラベルキャンペーンでは、1人4万円、2人なら8万円の宿泊施設を利用すると、そのメリットを最大化できます。2万円のサポートなら、宿泊料金の割引が14000円となり、2人なら28000円。さらに地域共通クーポンが6000円(2人なら12,000円)ももらえるのです。

これによって「高級ホテルバブル」が発生しています。普段宿泊しない8万円以上のホテルにプチ贅沢で行ってみようと、高級ホテルに予約が殺到しているのです。高級ホテルに宿泊客が押し寄せ、価格が上がったり、サービスが低下しています。

一方で、格安なホテルは割引の恩恵が小さいことから、GoToトラベルの利用者からは注目されず、せっかくの振興策の恩恵を受けにくくなっています。

高級ホテルは、予約が殺到することで、宿泊価格が上昇して、結局GoToトラベルで割引しても、得なのか損なのかわからない状態になってきました。

上限を3500円に引き下げると、宿泊料金1万円の施設が利用者にとって最もメリットを受けられるようになります。4万円のホテルに泊まっても1万円のホテルに泊まっても割引は同じ3500円となれば、高級ホテルに無理に宿泊する人は激減し、「高級ホテルバブル」は崩壊します。

報道によると、上限の引き下げは割当金額が少なくなった大手サイトが自己負担になることを恐れて慌てて変更したようですが、政府の予算自体が無くなった訳ではなく、いずれ元に戻るようです。

しかし、個人的には高級ホテルを優遇するのではなく、幅広い利用が見込めるリーズナブルな宿泊施設に割引を利用するインセンティブをシフトさせ、裾野の広いサポートを長期間続ける方が観光振興策としてはメリットが大きいと考えます。

サポート上限の引き下げは、私が運営する民泊施設にとってもメリットです。そのポジショントークが含まれていることも、正直に申し添えておきます(笑)。

■【もうすぐ購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年10月13日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  3. 3

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  8. 8

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  9. 9

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。