記事

【プライムデー】、競合チェーンは店を利用!売上より会員になった後の消費行動が怖い?


■ネット通販最大手のアマゾンは13日からプライム会員に限定した「プライムデー(Prime Day)」セールを48時間かけて開催する。

パンデミックの影響で2015年から始まった毎年恒例の年一大セールを3ヶ月遅れらせて行うのだ。

プライムデーの全世界売上高は今年、99.1億ドルとなり前年を上回るだけでなく、日本円で1兆円以上に達すると見込まれている。

13日から開催されるアマゾンの大セールに対して、大手チェーンストアも大規模オンラインセールをぶつける。

世界一の小売企業であるウォルマートは11日〜15日にビッグセール・イベントを実施。家電製品やおもちゃ、美容・健康関連など「ブラックフライデーに匹敵する」数千点を用意する。金額に応じた無料宅配なども実施するのだ。

競合でディスカウント大手のターゲットもアマゾンに対抗し、昨年より100万点増やした大々的なセール「ディール・デイズ(Deal Days)」を13日〜14日に開催する。

家電小売店チェーンのベストバイも13日〜14日、プライムデーに対して大型テレビやノートブックパソコン、キッチン家電などでセールを行うのだ。

アマゾンのセールに引きづられるように秋からブラックフライデーに似たオンラインセールを行い、大手チェーンストアに勝ち目はあるのだろうか?

チェーンストアにとってアマゾンとの優位性はリアル店舗展開にある。

オンライン販売では宅配がボトルネックとなっている。アメリカでは置き配が一般的であり、玄関に置き配された宅配物を盗難する「ポーチ・パイレーツ(Porch Pirates:ポーチとは玄関の意味で『玄関盗賊』)」が深刻な問題になっているのだ。

ここ数年、アマゾンではピックアップ専用のロッカーをコンビニエンスストアやドラッグストア、スーパー、大学キャンパスや学生街、アパートなどに置いている。

ピックアップロッカーは数千ヶ所にも及ぶものの、プライムデーのような大規模セールでは100件も荷物を置けないロッカーでは全く足りなくなってしまう。

しかもアマゾン・ロッカーでは取り置きしておく期間が3日間と短いのも不便となっている。

一方、大手チェーンストアでは多店舗展開しているため、店舗をピックアップ拠点にできるためお客にそういった不便をかけることはない。

ネット注文を店内で受け取れるボピスでは、売り場に来てもらえるため次いで購入も期待できる。ピックアップタワーを導入しているウォルマートでは数秒程度でネット注文品を受け取れる。

先月から開始したサブスクリプションの「ウォルマート+」に加入していれば、スキャン&ゴーも利用でき売り場でも買い物もレジ待ち行列に並ぶ必要がない

。車まで持っていくきてもらえるカーブサイド・ピックアップは利用者に店にまで入っていくという時間もかけない。

ネット注文した商品が取り置かれる期間も10日間前後もあり、アマゾンのように数日間内に時間を作ってピックアップ拠点に行く必要もないのだ。

 プライムデーに対抗する術は店を展開するチェーンストアにとって価格だけではないということだ。

日本では置き配の盗難の心配はないかもしれない。が、例えばアマゾンでは注文品を梱包するダンボールの処理が意外にボトルネックになっている場合がある。店でのピックアップでは軽梱包にすることでそういった問題も解消する。

プライムデーに対抗できる手段はまだあるということだ。

トップ画像:ウォルマートのピックアップタワー。ボピスでもストレスフリーにコンタクトレスで受け取れる。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。日本の流通業はアメリカの5年〜10年遅れている、というと日本人の中に必ず不快に思う方がいます。なぜ不快になるのかというと後藤とは比べるポイントが違うからです。カスタマー・ファーストのアメリカでは結局のところ、日本がアメリカのやり方に従うことになります。だったらさっさとアメリカのやり方をいち早く取り入れたほういいということです。

アマゾンのプライムデーは毎年、日本でも存在感を増しています。ネット通販大手の年一のセールで売上に影響がでているチェーンも少なくないはず。だから今のうちからアマゾンに対抗する手段を勉強しておくべきです。で、避けて通れないのが流通のIT化。特に消費者目線によるITの導入はどんなに勉強しても学習しすぎることはない分野です。しかもスピードが激しく常にアップデートが必要で、ここを押さえておかなえればどんな大手も数年後には後手にまわってしまいます。四の五の言わず対抗する手段をとっておくべきでしょう。

 プライムデーでは売上がアマゾンに持っていかれるだけでなくプライム会員を増やしてしまうことになります。会員費の元を取ろうとする消費行動でもお店は影響を受けますよ。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  3. 3

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  8. 8

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  9. 9

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。