記事

Go Toキャンパス

新京成と東葉高速鉄道が乗り入れる北習志野駅で「かわら版」を配っていると、近くにお住まいの女性がわざわざ訪ねてこられました。お話の主旨は次のようなものでした。

「今春息子が都内の私大に入学しました。しかし、新型コロナウイルス感染防止のため、ずっと無味乾燥なオンライン授業を受けています。小中高では対面授業が行われているのに、なぜ大学だけが対面に慎重なのでしょうか。授業の質を確保できないのなら、授業料を減免してほしいものです。」

その数十分後、通勤途中の別の女性が声を掛けてきました。内容は次のとおりでした。

「夢と希望をもって息子は大学に入学しましたが、オンライン授業が続きキャンパスに行ったことがありません。ずっと家にいますから、サークル活動に参加できないし、友達もできません。味気ない生活が続き、精神的にも参ってきているようです。」

同じ日同じ場所の限られた時間の活動中に、奇しくも大学1年生の子を持つ親御さんのご心配の声に接しました。同様の悩みや不安をもつ大学生やご父兄が、たくさんいらっしゃるだろうと思われます。

9月下旬から多くの大学で後期授業が始まりましたが、文部科学省の調査によると「全面対面」は全体の2割弱にとどまり、オンライン主体の傾向に変わりはないようです。大学はどんなところかを経験できないまま、悶々としている若者たちの不満が限界に達しつつあります。

もちろん、オンライン授業の利点もあります。ですから、コロナ禍を契機としてオンライン環境の整備に努めることは、教育現場のデジタル化を推進する上で重要です。

しかし、大学の本質はやはりキャンパスにあると思います。そこに通い教員の謦咳に接し知的刺激を受けること、多様な個性の学生と出会って意見を交わすことに学びの意義があります。キャンパスは熱伝導の空間です。人との接し方については細心の注意を払い工夫を凝らしながらも、学生たちがキャンパスで勉強できない異常事態の1日も早い解消に全力を尽くすべきです。

「Go To キャンペーン」には、1兆円以上の予算が使われます。観光へ、レストランへ、イベントへ、商店街へ行こうと促すことを否定するつもりはありません。併せて、対面授業ができるような公的支援も検討し、学生たちがキャンパスに行けるようにすることも急務だと思います。

国勢調査の回答期限は10月7日でしたが、6日時点の回収率が53%と極めて低調でした。私は既に郵送で回答しましたが、まだ済ませていない方は、ネット・郵送とも回答期限がともに10月20日まで延長になりましたので、是非ご回答ください。

国勢調査は、わが国の最も重要かつ基本的な統計調査です。

あわせて読みたい

「大学生」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。