記事

慢性的な「かゆみ」 重大な肝臓疾患が原因の可能性も

1/2
ただの虫刺されと思って放置していたら大変なことになるかも(写真/GettyImages)

 本格的な秋の訪れを感じるようになり、肌寒い日も増えた。季節の変わり目には気温や湿度の低下によって、肌も敏感になりがちだ。特に秋は“秋の肌枯れ”ともいわれるほど夏のダメージが遅れてやってくる要注意な時期。実際、2018年にドクターシーラボが行った調査によれば、「秋冬に肌トラブルを起こしたことがある」と回答した人は約7割に及んだ。加えて、いまは“マスクによる肌荒れ”の可能性もある。

 あいこ皮フ科クリニック院長の柴亜伊子さんは「今年の秋は、例年よりも肌の不調を感じやすい」と指摘する。

「これまでと違って、マスクをつけて過ごさなければいけないので注意が必要です。ただでさえ空気が乾燥するうえに、マスクの刺激が加わって肌トラブルが起きやすくなることが懸念されます」

 一口にトラブルといってもさまざま。前出のドクターシーラボの調査によれば、最も多いのは「かゆみ」で、悩んでいる人は8割以上もいるという。

 多くの場合、肌のかゆみは一時的な肌荒れや不調のことが多い。しかしその陰に、命にかかわる病が潜んでいることがある。

 誰でも皮膚にかゆみを感じることはあるが、その原因のほとんどは、体に合わない化粧水などを使っていることで起きる“慢性的な炎症”だ。

 柴さんは「皮膚や髪につけるものをすべて疑う」と話す。

「シャンプーや洗顔フォーム、ファンデーションなどのコスメが原因で、炎症を起こしているケースがほとんどです」(柴さん)

 これからの時期は乾燥しやすくなるため、症状が肌に出やすい。亀谷診療所院長で総合診療医の亀谷学さんが言う。

「皮膚が乾燥すると、皮膚の表面が傷つき肌の感覚が過敏になり、かゆみを感じやすくなります。水仕事をする女性は、乾燥に洗剤の刺激が加わり、皮膚は肥厚し、強いかゆみを訴える手湿疹になることがあります。アトピー性皮膚炎も乾燥によって悪化します」

あわせて読みたい

「健康」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  6. 6

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  7. 7

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  10. 10

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。