記事

「勝手に金ピカにされそう」対馬から盗んだ仏像を頑として返さない韓国の非常識

1/2

住職のいない寺から仏像が相次いで盗まれている。文化庁によると国宝・重要文化財の行方不明は37件、うち盗難は23件だ。ジャーナリストで僧侶の鵜飼秀徳氏は「8年前に韓国の窃盗団に持ち出された長崎県対馬の木造文化財は、いまだに返還されておらず、現地で金ピカに改造される恐れもある。国が文化財の保護に乗り出すべきではないか」という——。

日本と周辺の地図(国旗付き) ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Harvepino

長崎県対馬の菩薩像を盗み、勝手に金ピカ化をもくろむ「隣国」の常識

仏像、仏具など寺社由来の文化財の盗難が相次いでいる。

背景には地方都市の人口減少に伴う寺院の無住化や、防犯設備の不備などがある。コロナ禍における法事、祭事の中止によって地域の監視の目が届かないことで、今後ますます盗難が増えていく懸念もある。

盗まれた寺宝は古美術商に流されたり、海外のオークションにかけられたりして、二度と戻ってこないケースが多い。寺宝は国民共有の財産である。「まったなし」で国や自治体と寺社が連携して防犯する仕組みを整えなければならない時機にきている。

九州と韓国の中間にある長崎県対馬。

高度成長期の1960年代にはピーク人口の7万人を数えたが、以降減少傾向をたどり、2015年は半減以下の3万1000人。2020年現在では2万8000人前後とみられ、2060年には1万500人前後になると推計されている。

過疎化と海外からの人の出入りの増加生んだある事件

一方で、東日本大震災以降は韓国からの観光客が急激に伸び、大型ホテルも建設されるなど、観光が島の経済を支えている。過疎化と海外からの人の出入りの増加が、ある事件を生んだ。

2012年10月8日、島にある臨済宗南禅寺派の古刹、観音寺から14世紀に朝鮮半島で制作されたとみられる観音菩薩像(座高約60cm、長崎県指定有形文化財)が、盗まれた。同時に、同島の海神神社の銅造如来立像(国指定重要文化財)や、多久頭魂(たくずだま)神社の大蔵経(県指定有形文化財)も盗難に遭った。犯人は韓国人窃盗団であった。

翌2013年に窃盗団は韓国内で逮捕される。海神神社の銅造如来立像は一部破損した状態で回収され、日本に返還された。多久頭魂神社の大蔵経は犯人によって捨てられたとみられる。

そして、観音寺の観音菩薩像をめぐっては、韓国瑞山市にある浮石寺が「そもそも観音寺の観音菩薩像は14世紀に自寺で造られ、(日本の)倭寇によって奪われたもの」として、所有権を主張しはじめた。現在も韓国の高裁で審理が続いている(同寺が2016年4月に菩薩像を保管している韓国政府を提訴。一審の大田地裁は、韓国政府に対し浮石寺側への引き渡しを命じたが、韓国政府は判決を不服として控訴)。

しっとりとした銅が金ピカに……“改造”を許せば日韓関係悪化は必至

そして今月になって、不穏な動きがあった。

地元長崎新聞の報道(10月8日)によれば、韓国・浮石寺側が高裁の場で、仏像に金彩を施す意向を示したという。同紙が外務省などへ取材し事態が判明した。現在の観音菩薩像は経年変化によって、文化財らしい、しっとりとした銅の味わいを見せている。それを、真新しい金ピカの像に勝手に改造するというのだ。

同紙が九州国立博物館に取材したところ、金など不変的なものへの信仰があつい中国や朝鮮半島では、仏像に金箔(きんぱく)や金泥(きんでい)を施す仏教儀式が見られる。しかし日本国内の文化財の無許可の現状変更は、文化財保護法や県条例に違反する恐れがある。

外務省や観音寺住職は、韓国側に早期の返還を求め続けており、すでに日韓の外交問題に発展しているが、韓国側が盗難品の改造を許せば、ますます日韓の関係は悪化しそうだ。

日本の寺院にある古美術を海外窃盗団が狙う背景

海外の窃盗団が日本の寺院を狙う背景には、日本の古美術にたいするブームがある。欧米や中国などの富裕層が、こぞって日本の古美術を買い求めているのだ。

日本で盗まれた仏像類は香港などのオークションを経由し、世界各地へと散逸していく。近年、オークション会社は売却先を明かさないので、落札された仏像類が日本に戻ることは二度とない。

九州にある無住寺院九州にある無住寺院 - 撮影=鵜飼秀徳

コロナ禍で外国人の入国が制限される中、海外窃盗団の犯罪は一時的に減っているとみられるが今後、入国制限の緩和が広がっていけば、再び海外窃盗団による事件が多発する可能性がある。来年、東京五輪が開催されれば、いっそう、国内の美術品が海外に流れてしまうことも考えられる。

ネットオークションサイトで「仏像」と入れて検索すると

仏像の盗難は対馬の事件だけではない。

たとえば和歌山県内では2010年と2018年の二度にわたって、計70もの寺で計230体以上の仏像が大量に盗難に遭っている。いずれも犯人は逮捕されたが、大阪の古美術商などが買い取っていた。大量の仏像の売却など通常はありえないため、古美術商も盗難とわかっていながら、買い取っていたようだ。

また、ネットオークションサイトで「仏像」と入れて検索してみると、大量の仏像がみつかる。多くは土産品、工芸品の類いであるが、中には個人所有にしては不自然なサイズ、時代の古仏、石仏、密教法具などが混じっている。同じ出品者が、複数の仏像を出品している事例も散見される。いずれも盗難品である可能性は捨てきれない。

私は地方都市における無住寺院の調査を続けているが、ある福島県の集落の寺では繰り返し盗難の被害に遭っていた。

あわせて読みたい

「仏像返還問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。