記事

池袋事故の被告バッシングに杉村太蔵氏が推定無罪を主張 「冷静な発言だ」と評価の声

東京・池袋で昨年4月に3歳の女児と母親が乗用車にはねられて死亡するなど11人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告が8日に東京地裁で開かれた初公判で無罪を主張したことが物議を醸している。


テレビでも、今回の無罪主張を否定的に取り上げる番組が多い中、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏が「裁判において被告が自分の正当性を主張するのは、基本的人権の中では最も尊重されるべき」と主張。司法制度の根幹を再認識するよう問いかけた発言で、ネット上では「とても大切なことを言っている」「冷静な発言だ」と評価する声が上がっている。

毎日新聞によると、飯塚被告は初公判で、「(遺族の)ご心痛を思うと言葉がございません。心からおわび申し上げます」と謝罪したものの、運転の操作ミスとする起訴内容の認否は「車の何らかの異常で暴走したと思っております」と述べたという。

11日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系列)では、番組の前半で池袋暴走事故の初公判について大きく扱った。タレントの鈴木紗理奈さんは「残りの人生すらも保身に走ったということ。口では反省を述べているが、全く誠意を感じない」などと批判。他の出演者からも飯塚被告の姿勢を疑問視する意見が相次いだ。

自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われた飯塚幸三被告=共同通信社

これに対し、杉村氏は「遺族の方の立場になって考えると、本当にいたたまれないし言葉がない」とした上で、「私たちは民主主義の社会に生きている。裁判において被告が自分の正当性を主張するのは、基本的人権の中では最も尊重されるべき一丁目一番地」と指摘。続けて「これは否定するのは、ましてやメディアで強くバッシングするのは冷静にならないといけない」と呼びかけた。

さらに、鈴木紗理奈さんから飯塚氏の責任を厳しく問う意見が上がったものの、杉村氏は「『推定無罪』の大原則はメディアにおいてはきちんと把握、押さえておくポイントだ」と強調した。

池袋暴走事故をめぐっては、飯塚被告が逮捕されないまま捜査が進んだことなどから、ネット上で「“上級国民”だから逮捕されない」といった批判が相次いだ。テレビでもネットのこうした動きを踏まえ、被告へのバッシングとも取れる番組が相次いでいた。

杉村氏が番組で訴えた推定無罪とは、刑事裁判において有罪判決を受けるまで被疑者や被告人を無罪として扱わなければならないとする原則を示す。一方、逮捕や起訴されただけで有罪であるかの印象を与える報道が多く見られ、推定無罪の原則に反する他、裁判員裁判の裁判員に予断を与えるとして問題視する声も根強い。

オウム真理教の取材などで知られるジャーナリストの江川紹子さんも次のようなツイートで今回の杉村氏の発言を評価しつつ、報道のあり方に疑問を呈している。

あわせて読みたい

「報道」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  8. 8

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  9. 9

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  10. 10

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。