記事

医療者の2人の立場 どちらも正しい そしてメディアの力が大切

NHKスペシャル 令和未来会議 「新型コロナの不安 どう向き合う?」をみました。様々な立場の人が議論を交わし、編集含めてとてもいい番組だったと思います。

医師、看護師、俳優、患者、学者など様々な立場の人が意見を交わし、質問含めて討論がおこなわれたこの番組は、コロナ対応に悩んでいる様々な業種の人にみてもらいたい番組です。NHK+がみれる方は是非試聴をお勧めします。

その中で高橋先生(7月の東洋経済記事)が日本においてそこまでコロナを心配する必要はない(死亡者は10万人に1人)と言ったところ、高山先生が欧米を例にその言い方はまだ早いと反対意見をぶつけていました。2人の医師の意見がこのように異なることは当たり前です。医療、経済どちらに重きを置いているの違いです。

ただこの2人の意見の詰まるところ全く同じものです。ほぼ日本ではOK、ただこのウイルスまだわからない部分が多いから油断をしてはいけない。沖縄を例にすればインフルエンザとは絶対違う。そう昨日の記事のように完全な油断をしてはいけないがそこまで過剰な対応はいらないというものです。

そしてバランスをとりながら緩めていく実験をするという高山先生の立場は同意します。ただ緩め方はおそらく私の方が緩いでしょう。地域、人、立場によって違うことは当たり前です。

武井さんの自分のような元気な俳優がコロナにかかるわけにはいかないというその意識はなるほどなというものですが、安心のために全てのものを消毒するというのはやや過剰な対応という坂本さんの指摘はどんどんみんなに拡めるべきでしょう。そうメディアの力が必要です。

番組中の私のツイートです。

そろそろ緩めてかまいませんというのが私の立場です。ただ今までのやり方はやめない方がいいです。マスク、手洗い、3密予防、大声を出す状況の時には換気など、リスクをしっかり下げましょう。

そして陽性者数だけ報道する今のやり方を変えるべきです。繰り返しになりますがメディアの力が大切です。

あわせて読みたい

「医師」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  8. 8

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。