記事

ネット上の「いい話」、軽い気持ちでシェアするのが危ない訳

ネットのいい話を盲信する危うさ(時事通信フォト)

「ネットde真実」とは、マスメディアの流す情報は信用できず、インターネットで得られる情報がすべて正しいと思い込む行為や、そういった考え方をする人物を揶揄するときに使われる言葉だ。ところが最近は、これが皮肉を込めているという意味が通じない人たちが多勢になりつつある。ライターの森鷹久氏が、ネットによって情報強者になったつもりで危うい状態に陥る人たちについてレポートする。

【写真】トイレットペーパー買い占めも

 * * *
 都内在住の会社員・丸岡俊彦さん(仮名・40代)のランチタイムは今日も憂鬱だ。通勤用のリュックから保温バッグを取り出すと、中から出てきたのはかわいい水玉模様の布に包まれた愛妻弁当である。

「作ってくれるのはいいんですけどね……なんというか、美味しくなくて」(丸岡さん)

 この発言だけ見ると、妻の手作り弁当に毒づくモラハラ旦那だ! と聞こえるかもしれないが、どうも事情が違うようだ。

「若干腹回りがたるんできたというと、毎日の弁当がサラダチキンとブロッコリー、あとは茹でた豆ばかりになりました。たまにスープがつきますが、これも全く味がしません。米も全く食べさせてくれないので、朝、こっそりコンビニのおにぎりを食べないと、糖質不足で頭痛がひどくて」(丸岡さん)

 こうくると、丸岡さんに無理なダイエットを強いる鬼嫁……のように見えるかもしれないが、それともまた若干違う。丸岡さんの妻の趣味は、実は「料理」である。ただし、プロが作った料理本や、料理教室に通ってレシピを学んだのではなく、全て「レシピサイト」頼りなのだという。

「例えば豚肉の生姜焼きを作るなら、普通に作ればいいのに、なぜかバルサミコ酢を必要以上に入れたりして味が台無しになる。うま味調味料が体に悪いという情報をSNSで見ると、一切使わなくなる。プロが教える通りにやっていればいいのに、なぜか余計な工夫をしたがるんです。しかも、その工夫は、どこの誰ともわからないユーザーがネットにアップしたものですよ?」(丸岡さん)

 パソコンやスマホが普及し、ネットインフラが充実したことで「国民皆インターネット」と呼んでも差し支えない時代になった。そのため、こうなる以前は知る機会すらなかった多くの情報に、誰もがすぐにアクセスできるようになった。だが、その弊害と言うべきか、正しい情報を見抜けない人、ここで具体的にいえば「プロより素人を信じてしまう人」が続出している。京都市内の皮膚科勤務、看護師の大島今日子さん(40代・仮名)が嘆く。

「ひどいアトピーのお子さんを持つお母さんがいて、定期的に通院するように言っても、全然通ってくれない。どうも、1~2回通院し、症状が改善しなければすぐ、ネットで調べて別の病院に行く、ということを繰り返しているようなんです」(大島さん)

 直接医師が「そんなに早く効果は出ない」と何度も説得し、やっと通院するようになったが、ある時を境に、子供の肌のコンディションが著しく悪化。子供は痒がるだけでなく痛みで泣き出すほどで、医師も看護師も、何が起きたのかと驚いていた。

「お母さんに改めて聞くと、ネット上で知った治療法を試した、というんです。それは、アトピー患者に劇薬を投与するような方法で、医療ネタを扱うまとめサイト上で記事になっていました。普段は温和な先生も流石に『医師を信じてください』とお母さんを叱っていましたよ」(大島さん)

 病院を訪れたが患者が、およそ医療とはいえないオカルトめいた治療法を実践していると白状する機会が増えたというのは、都内にある総合病院勤務の医師・佐々木逸朗さん(仮名・50代)である。

「腰痛に悩み通院しても治らないから、ネットに書いてあった治療法を実践したところ、立って歩けないくらいに悪化し、病院に担ぎ込まれたというお父さんもいます。重病患者やその家族が、藁にもすがる思いで、祈祷師や怪しい健康セミナーにはまってしまう、という事例は昔からありました。今はそれが、ネット上の『ニセ医療情報』に取って代わったのです」(佐々木さん)

 こうしたネット上の根拠が不明な情報を信じてしまう人たち、そして信じたい人たちに顕著なのは、標準的と言われる保健衛生や医療、科学的な説を無視または否定する態度だ。そして、その道の「プロ」よりも、ネットで見かけた誰かをなぜか信じてしまう。不確かな情報に対する批判への反論をしている様子をみると、どうやら、「プロ」は金儲けのために情報を発信しているから信用してはならない、と思い込んでいるらしい。その一方で、その分野を専門としない素人の情報は、金儲けを意図しない手垢もついていない「善意」の情報だから信用できる、という風にみなしている。さらに、自身は「情報強者」であると疑わないので、いくら冷静に矛盾や疑問を指摘しても、聞く耳を持たない。

 しかし、それは「自分の信じたいことしか信じない」もしくは「好きなもの以外は無視する」姿勢に他ならず、あまりに危険な態度だ。これがすすむと言動はおろか、思想まで偏ってしまい、身近な人間関係の破綻すら招いてしまうのだ。

 自分は、そんな陰謀論や非科学的な珍説など信じないから大丈夫、という人こそ注意して欲しい。ときどきSNSで拡散される、フェイクの「いい話」を信じて、軽い気持ちでシェアするなどしていないだろうか? 昨秋、ハリウッドスターの言葉としてSNSで拡散されたのは、数年前に成りすましアカウントが作成したニセ名言だった。実に多くの人が拡散に手を貸し、賛同し、デマだと分かった後も、いい話だからよいじゃないかという反応が少なくなかった。だが、これも実に危険行為だと言わざるを得ない。なぜなら、この考え方だと、科学的に虚偽であることが明らかであっても、たとえば歴史に存在しないことも、「いい話だから」という単なる主観によって広めてしまう。そして、広まった先で嘘が真実だと信じられてしまうと、真実を取り返すのはとても大変な作業になる。

「自分はそんなにバカじゃないよ──」

 今そう思ったあなたこそ、その余裕に付け込まれる可能性がある。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    「賃上げで皆さんの生活を守る」利益の上がった企業が賃上げをしないのはおかしなこと

    中西健治

    10月17日 08:39

  3. 3

    飲食業界はコロナ禍で衰退ではなく「新陳代謝」する

    内藤忍

    10月17日 09:20

  4. 4

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  5. 5

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  6. 6

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  7. 7

    「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

    PRESIDENT Online

    10月16日 15:51

  8. 8

    甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

    早川忠孝

    10月16日 17:23

  9. 9

    新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:32

  10. 10

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。