記事

東京都民も羨望!都構想で大阪には日本で唯一無二の「スーパー特別区」が誕生する

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。


やってきました、大阪!

明日12日から告示となる大阪都構想住民投票に向けて、すでに大阪の街では火花がバチバチと飛び交いながら、両サイドの政治活動が繰り広げられています。

まずは党本部で広報ミッションとして動画を6本(!)ほど撮った後、東淀川区へ。

チラシ(都構想まるごとスッキリBOOK)の受け取りは良好!せっかくマイクを持たせてもらったので、東京都民が言うからこそ説得力を持つ話ということで、

「都構想が可決すると、大阪市が解体されて権限・財源も不足した脆弱な『特別区』にグレードダウンされるという説が流れているが、そんなことはない。東京都でも特別区は、課題はゼロではないがなかなか優れた制度になっている」

「さらに今回の都構想で大阪に設置される特別区は、東京のものをさらに権限・財源ともにバージョンアップした『スーパー特別区』。こんな最先端の仕組みが導入できる大阪が、都民から見たら羨ましいくらい」

「政令指定都市のままでいれば、何も問題が起こらないわけではない。むしろ人口減少・少子高齢化の進展によって、どこの政令指定都市も様々な課題や住民サービスの低下(水道料金の値上げ等)が発生している」

「このまま大阪市が政令指定都市のままなら、数多ある課題が山積みの政令指定都市の一つに過ぎない。しかし都構想が可決されれば、大阪は日本で唯一無二の『スーパー特別区』を持つ最先端都市になる。大阪のみならず、日本全体の未来のために、大阪は都構想でもっともっと成長してもらいたい」

というようなお話を噛み砕いてさせていただきました。

たくさんの方にお声がけいただき、ありがとうございます!

しかし反対派も活発に活動し、かなり色々と無茶な理論を流布しているようで、

相手「大阪市がなくなって4つの特別区になると、財源が減るんやろ!」
わたし「いや、減りませんよ。むしろなんで別れただけで減るんですか?」
相手「…1つのものを4つに分けるんだから、その時の手数料とか。。」

いや、それは大丈夫っす。

こうした諸々の疑問に応え、もっとタチが悪い場合「デマ」に惑わされている人たちに説明を尽くすために、投票日までの約3週間が天王山となります。

明日12日も引き続き東淀川区内を中心に活動させてもらう予定です。

活動中フルに大阪で参加できるわけではありませんが、できる限り私も足を運び、都構想可決に向けて汗をかきたいと思います。

夜は藤田あきら市議と疑問に答える動画をLIVE撮影しましたので、こちらもぜひ御覧くださいませ!

今度は負けない。絶対に。絶対に。

それでは、また明日。





音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 37歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。37歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin

あわせて読みたい

「大阪都構想」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  7. 7

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  8. 8

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    維新に起死回生の一手はあるか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。