記事

世界初のカプセルホテルは、関西サウナの殿堂「ニュージャパン」の発明だった 「ニュージャパングループ」の革命 #2 - 五箇 公貴

1/2

ロウリュサービス普及の立役者「ニュージャパン」 関西サウナの殿堂は日本のサウナ史そのものだった から続く

【画像】「ニュージャパン」の写真を全て見る(15枚)

 ロウリュサービス。もはやサウナになくてはならないこの作法を最初に日本に持ち込み、サービスとして提供した施設、それが今回ご紹介する関西サウナ史の生き証人ニュージャパン。そのオーナーであり日本サウナ・スパ協会の会長である中野憲一の人生もまた、波乱万蒸だった。


梅田店2Fの大浴場

世界初のカプセルホテルをオープン

「当時はサラリーマンの残業が当たり前の時代。深夜まで仕事をして、サウナに泊まる人が多かったんですよね。だからサウナに仮眠室を設けて雑魚寝スペースを作ったんですよ。でもそのスペースさえも溢れてきて。これやったらもっと快適で、安い宿泊施設を作ったらええんちゃうかと。東京の新橋に山小屋によくある二段ベッドが1部屋にずらっと並んでいる仮眠室がある施設があったそうなんですけど、それを見た当時の役員と社長である父が参考にして、黒川紀章さんの事務所に設計をお願いしたんです」

 国立新美術館をはじめ、名だたる建築物を手掛けてきた日本が誇る建築家、黒川紀章(1934~2007)。

 1970年には大阪万博で「住宅カプセル」を発表。宇宙船のコックピットのような近未来的な空間で話題を呼んだ。1972年には実際に、その画期的なカプセルを有機的に積み上げた中銀カプセルタワービルが銀座に誕生。

 その流れを受け、ニュージャパンは『カプセル・イン大阪』を1979年に誕生させる。世界初のカプセルホテルが誕生した瞬間だった。

のんびり、リラックスどころではない、優雅な一流サービス

「難波が好調だった頃は、なんでも自社でやってたからね。従業員も最盛期は社員が1500人とか2500人とかいたんちゃうかな(笑)。でもオイルショック後からどんどんパートに変えていったんやけど(笑)。

 ランドリーも自社工場を本社の屋上に持ってたし、園芸課というのがあって、店内の植木も自社で仕入れたり。それから広報、宣伝課というのもあって、そこにも5人ぐらい社員がいて。またそのトップが元々大手代理店にいた人なんやけど、すごい人やったんですわ。

 宣伝の仕事が斬新で、『施設そのものを宣伝するんじゃなくて、会社の体質を宣伝』するんやって。“のんびり、リラックス、最高”とかではなく、“いかにキレイで清潔か”というのを押し出したテレビコマーシャルを打ったり。今や当たり前かもしれんけど、1970年代当時にそういう感じのことをやってたところはなかったんで斬新だったんです。

 うちはサウナには必ず飲食コーナーを作っていたんです。飲食コーナーはたいてい2か所あって、食堂と、サウナの横の軽食ラウンジ。後者をドライゾーンというんですけど、そこで軽く飲食してもらう。その後もう一回サウナに入って、それからマッサージして食堂に行くというような作りになっているんです。サウナでとことんゆっくりしてもらうために。

 でも今はドライゾーンでは軽食はだしてないんですわ。人件費がかかるわりには売上が上がらないし(笑)。もうだいぶ前からそのコンセプトが崩れてきてる(笑)。時代やね。

 うちはマッサージの種類が多いでしょ。うちのサウナの利益の中心がマッサージだからなんです。よそ様は設備産業なんやろうけど、うちはサービス業ととらえているから。だからマッサージを受ける人が減った時も、ものすごく苦しかった」

あわせて読みたい

「カプセルホテル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  5. 5

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  10. 10

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。