記事
  • mkubo1

今後のFOMCの政策を考える

今晩は、FOMCですね。何が出てくるのか?今回は、基本、静観って感じですよね。

では、年末から来年にかけて、どのような政策があり得るか考えてみます。9月13日のFOMCで決まったQE3ですが、毎月400億ドルのMBS(住宅ローン担保証券Z)の購入を決定しています。

また、引き続き、ツイストオペ(6ヶ月間で2670億ドルの長期債(6年から30年)購入+短期債(3年以下)売却)も実施しています。

このツイストオペは、今年12月で終了するので、その代わりに、米国債の買い入れを決定するという予想が一般的です。

ブルムバーグの調査では、プライマリーディーラー21社すべてが、QE3の対象を米政府証券(米国債)へ広げると予想しているようです。

また、エコノミストへの調査では、ツイストオペを補完する形で、72%が月間最大450億ドル(ツイストオペとほぼ同額)の米国債購入を行うと予想しているようです。

詳しくは、10月22日のブルムバーグのニュースをご覧ください。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MC9SCC6K50Z501.html

ハト派の代表として、ダドリーNY連銀総裁は、景気が勢いを増し始めても、金融当局が過去最大規模の緩和策を縮小させることはないと言っています。さらに、振り返れば、金融政策はもっと積極的でなければならなかったといっているのですね~。

やはり、年末までには、米国は、更なる金融緩和を行う可能性が高いと思います。ツイストオペは、不胎化政策ですから、FRBのBSは増えません。

しかし、国債購入となれば、非不胎化政策になりますから、FRBのBSが拡大します。補完政策であれ、BSが拡大するのとしないのとでは、全く意味合いが違いますからね。

このようなFRBの積極的な姿勢を見ていますと、外国人が、「日銀も今度こそ」と期待するのも無理のない話しなのですね(前回2月は、「騙された」という声を聞きましたが・・・)。

余談ですが、ダドリーも、ECBのドラギも、ゴールドマン・サックス出身ですね。BOEは、次期総裁を公募とか言っていますが、これまた、ジム・オニール(GSアセットマネジメントの会長、BRICsという言葉作った人)とか色気を出しているかもしれませんね。

仮に、ジム・オニールがBOEの総裁になれば、主要中銀の総裁または重要なメンバーが、ゴールドマン出身者ばかりになりますね…

良いことか、悪いことか…彼らとしても、投資銀行では、これといったポストがないので、彼らの高いプライドを満足させるポストといったら、中銀の総裁、もしくは、それに準ずる椅子となるのでしょうね。

ともかく、投資銀行経験者は、より現実的な政策を出す傾向にはあると思いますね。ダドリーのコメントなど、その典型例です。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  3. 3

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  4. 4

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  5. 5

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  6. 6

    「日本式の漫画は韓国・中国に惨敗」『ドラゴン桜』のカリスマ編集者が挑む"ある試み"

    PRESIDENT Online

    05月16日 15:26

  7. 7

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  10. 10

    やはり政府が決定権を持つ蔓延防止措置は役立たずだった - 5月14日のツイート

    橋下徹

    05月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。