記事

世界食糧計画(WFP)にノーベル平和賞

ノルウェーのノーベル賞委員会は、昨日9日、2020年のノーベル平和賞を飢餓の現場に食料を届ける「国連世界食糧計画(WFP・本部ローマ)」に授与すると発表しました。紛争や自然災害に加え、新型コロナウイルスの感染拡大で飢餓の状況が厳しさを増す中での受賞で、コロナ禍での国際協調を促す狙いがある、と報じられています。

国連関係機関にノーベル平和賞が贈られるのは9回目、とのこと。WFPは、世界の9人に1人が十分な食料を得られないといわれるなかで、2019年には88の国・地域で約9700万人に支援を実施しています。1万7千人の職員の多くは、途上国の現場で、直接支援をしています。外務省などによると、2018年の全体の予算約73億ドルにたいして、日本の政府拠出額は1億3千万ドルで、46人の日本人が専門職以上として活動しています。

WFPは、5600台のトラック、30隻の船、100機近い飛行機を動かす世界最大の人道支援機関で、毎年運ぶ量は150億食以上にのぼり、活動現場の多くは危険と隣り合わせです。今年は、世界中に広がった新型コロナウイルスが、支援活動を妨げ、各地でのロックダウンによって、スタッフが現地で活動を続けることが難しくなりました。

現場でもスタッフが防護服を着たり、配給する際に相手との距離を保ったり、対策を講じながら活動した、とのこと。WFPは、「国連人道支援航空サービス(UNHAS)も運営し、物流のプロ集団としての強みを発揮したそうです。世界保健機関(WHO)や各国政府と連携し、本来の守備範囲を越えた積極的な取り組みを行った点も評価された、といわれています。

米国をはじめとする国々で「自国第一」が広がる中、委員会は、コロナの教訓は「多国主義の大切さだ」と語っています。今年のノーベル平和賞は、創設75年を迎えた国連の再評価と大国への戒めにあったのではないか、とされています。日本としても、このメーベル平和賞の意味を受け止め、、同盟国の米国を正すことも含めて、多国間主義を広げるよう力を尽くしてもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。