記事

カジュアルな問題提起は害悪

マジレスすると、イケダハヤト氏は、オピニオンリーダーたるご識見もなければご経験もない。そんな「オピニオン」を出すって、簡単なことではないんじゃないかなぁ、と思うんですよ。

 イケダ氏は最近、生活保護に関してたとえや思考実験の材料に持ち出すケースを見かける。
 直近だと「当事者でもないのに怒り、他者を裁こうとする人たち」の例として、生活保護の不正受給を叩く人を挙げ、「なぜ不正受給が発生するのか?不正受給を減らすいい”仕組み”はないのか?そもそも不正受給は関連する問題と比較したとき、大問題といえるのか?」と想像力を膨らませ、問題の根本的な解決に奔走できる人たちを増やしたい、と述べている。(参照
 そうおっしゃるならば、まずイケダ氏自身がご見解を述べて、それをこの問題に対する「私刑執行人」を含めた読者へと発信し、容赦ない目で検証されるべきだと思うのだけれど、別に「生活保護不正受給を叩く人」を問題視するエントリーをいくつか書いているだけで、生活保護という制度を含めた社会保障をどうすべきか、ということは提示していないよね?

 ちょっと個人的なことを混ぜると、Parsleyは2012年1月に完全に困窮して生活保護の申請をして断られている。(拙エントリー参照
 私自身はライフログとして記録しておくつもりでエントリーを記しておいたのだけれど、ずいぶんネガティブな反応にも晒された。当時からぜんそくや自律神経失調症などで通院しているし(これは今もだ)、なおかつなるべく早く生活保護から脱却するのに必要だと思われる再就職への費用などがかかること、そもそも30代男性がアルバイトでさえ見つけるのが難しい現状など、実際に本人が体験してみないと分からないことで、その事実を明記したとしても、少なくないのひとの想像力と読解力には限界があるということがよく理解できた。
 というわけで、Parsleyはこの件に限らず、わりと身体張って問題提起をやっているのね。

 閑話休題。
 その上で、私にとってちょっと看過できなかったのが、イケダ氏の現代ビジネスの特集記事と、その関連エントリー。

 「自由に生きたい若者が増えて、生活保護受給者が増えたらどうするの?」(ihayato.news)

 ええと。まず基本的なことを指摘すると、生活保護法では「日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長すること」と第一条に明記されていて、生存権を保障するもの。
 しかも国によって「保護」されるのだから、自由や権利といったものに制限が加えられる。収入や支出など、生計の状況に変動があった際は届出が義務付けられている(これが社会復帰への足かせにもなっているのだけど)。また、「能力に応じて勤労に励んだり支出の節約を図るなどして、生活の維持・向上に努めなければならない」のは支給者の義務となっている。端的にいうと、生活保護制度ってベーシックインカムとはまったく違う思想の社会保障なんですよ。
 だから、この問いを発した梅田カズヒコ氏とともに、イケダ氏も不見識極まりなく、「別にいいんでないですか」では済まされない。 というか、生活保護制度研究会が出している『保護のてびき』をちゃんと読んで下さいよ…。

 というのも、「生活保護を受ける”可能性”があるぐらいなら、そんな自由を放棄せよ」という高圧的で、チャレンジを許容しない意識が、僕にとっては許しがたいのです。

 つまり、イケダ氏のいう「自由」を実現するのに、生活保護を含めた社会保障制度が認められていないという法律論になるし、政策論になってくるわけなんだけれど。それについて論じるだけのご見識なり提言なりを、今のところなさってはいませんよね、という話になる。それでは、「オピニオン」にすらなっていない。

 このような不勉強な上で、軽い気持ちで出されたカジュアルな問題提起は、その問題を論じるのにノイズでしかない。生産的なことは何もない、ただの害悪な読み物として、負の連鎖を巻き起こすだけだろう。
 
 また話はずれるけれど、イケダ氏は一度最寄りの役所の生活保護受給日の窓口をご覧になるといいと思う。受給者で廊下がごった返し、年配と思われる方の怒号が響いて、それに応対する職員さんも殺伐としている。そんな中、比較的若い受給者は廊下に座り込んで携帯をいじっている。おそらく窓口へ辿りつくまでに数時間かかることを見越しているのだろう。果たしてこんな状況に、イケダ氏が思考実験で想定した「若者」は耐えられるのかな?

 またまた話がずれた。
 本質的なことをざっくり述べると、生活保護の不正受給に対しては各自治体が対応しているけれど、リソースが全然足りずにいたちごっこになっている。それで、新たな困窮者が保護を受けようにも、資格を得ないようにする「水際作戦」を採用している自治体が多い。
 また、現在の国家財政では年金や医療を含めた社会保障予算の増大が課題であり、赤字国債が増え続けていることを憂慮する財務省の意向が強く働き、抑制への圧力が働いている。消費税の増税などは、こういった流れの中施行される。
 
 あんまり陰謀論みたいなことは言いたくないけれど、「生活保護の不正受給」をイシューとして持ち出したのは、これ以上社会保障予算を増やしたくない財務省側の筋書きである可能性はないのだろうか。河本準一氏の不正受給を問題視した片山さつき参議院議員は大蔵官僚出身だ。何か、マスコミも含めて週刊誌的な情報に乗せられて、多くの人がミスリードされてしまい、政府・財務省にとって都合のいい世論形成に加担しているのではないか?
 その一方で、デフレ不況と呼ばれて久しい。イケダ氏はご自宅で肉を食べないそうだけど、それは思いっきりデフレカルチャーを疑問を持たずに許容した生き方、ということになる。デフレである以上、賃金は増えず、さらにいえば雇用も抑制される。そんな中で、イノベーションにおける予算も減らされ続けている状況など、難問が山積している。
 そういった複合的な要素が、生活保護の諸問題に絡んでいるわけだ。

 …とまぁ、生活保護受給に片足まで入りかけた木っ端ブロガーでさえ、この程度の「オピニオン」は出せるんですよ。
 イケダ氏は、「オピニオン」とおっしゃるならば、もう少し該当事象の背景や現況を調査した上で、ご自分のご見解と可能ならば対応策まで提言して頂きたいなぁ、と思う。
 そして、今のままだったら、生活保護を話題にするのをお願いだからやめてもらいたい。はっきり申し上げて、害悪でしかないから。Parsleyはそういうカジュアルな問題提起するひとが許せないんですよ。
 
 ちなみに、私がこのエントリーで展開したファクターをもう少し詳しく知りたいというのであれば、下記の書籍を参考にして頂ければと。

リンク先を見る
保護のてびき〈平成24年度版〉【生活保護制度の「今」をすばやく理解するためのハンディな一冊】

リンク先を見る
財務省支配の裏側 政官20年戦争と消費増税 (朝日新書)

リンク先を見る
デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)

あわせて読みたい

「イケダハヤト」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  3. 3

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  4. 4

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  5. 5

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  6. 6

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  7. 7

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  8. 8

    「日本式の漫画は韓国・中国に惨敗」『ドラゴン桜』のカリスマ編集者が挑む"ある試み"

    PRESIDENT Online

    05月16日 15:26

  9. 9

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  10. 10

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。