記事

はじめてのKindle端末、どれを選ぶ? 「プライムデー」前に知りたい8つのポイント - 山口 真弘

「目が疲れにくい」「一度充電すれば数週間使える」「タブレットに比べて軽量」といった数々の特徴で、読書好きなユーザから支持を集めているのが、Amazonが販売する電子ペーパー端末「Kindle」です。

【画像】iPad miniとKindle、画面サイズを比較すると意外な差がある

 画面はモノクロ、かつKindleストア専用ゆえタブレットのような汎用性は期待できませんが、より紙の本に近い使い勝手で、就寝前や旅行時など、読書の場を広げるデバイスとして最適です。10月の13日・14日に行われるプライムデーや、その後開催が見込まれるブラックフライデーやサイバーマンデーなど、セールなどでお得になっている機会を狙い、購入したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

 今回はそうした人向けに、2020年9月末時点で販売されているKindleの3モデルについて、製品ページの比較表だけではわからない、実際に使った上での違いを写真を交えつつ紹介します。電子ペーパーの特性そのものがよくわからない、あるいは製品を選ぶにあたって何を基準にすればよいか分からない人にとっての、参考になれば幸いです。


手前左がKindle Paperwhite(13,980円)、手前右がKindle Oasis(29,980円)、奥がKindle(8,980円)

(1)それぞれの「得意なジャンル」

 この3モデルは、いずれもKindleストアで購入した電子書籍を読むことに特化しており、特定のモデルだと特定ジャンルの本は読めない、といった違いはありません。ただし画面は単行本サイズ、かつ白黒表示ということで、雑誌やムック本など判型が大きな本の表示には不向きです。文庫や新書、単行本、コミック向きと考えるべきでしょう。

 なおコミックを読むのが中心ならば、ほかの2モデルより解像度が低いエントリー向けの「Kindle」は、吹き出しの中など画像化されたテキストや、細い線がつぶれてしまう場合があるため、避けたほうが無難です。予算に余裕があれば7型の「Kindle Oasis」を、それが難しい場合も「Kindle Paperwhite」を選ぶことをおすすめします。

(2)ボディの質感・持ちやすさにも違いが

 ボディの質感は、各モデルの価格差がダイレクトに反映されています。エントリー向け「Kindle」はプラスチック感が強いボディで、摩擦で跡が残りやすく、また手に持っていてもすべりやすいのが困りものです。

 一方の「Kindle Paperwhite」は滑り止め加工もあって摩擦によるキズはつきにくいのですが、やや手の脂がつきやすい傾向はあります。最上位の「Kindle Oasis」はアルミ素材のボディで頑丈、かつボディに段差がありグリップ感も良好です。

(3)冬場に手袋をしていても使える? 操作方法の違い

 どのモデルも、タッチパネルを使ってページめくりなどの基本操作を行うことは共通していますが、「Kindle Oasis」はさらにページめくりボタンを搭載しており、操作ミスを防ぎ正確なページめくりが行えます。タッチ操作が苦手でボタンの感触を求める人には向いた製品と言えます。またこれから冬場にかけては、手袋をしている状態でページがめくれるのも利点です。

(4)ライトの違いで目が疲れにくくなる

 Kindleの各モデルは、暗い場所での読書を可能にするフロントライトを搭載しています。上位モデルと下位モデルではLEDの個数に差があり、多いほうがムラのない明るさを実現できるのですが、むしろそれよりもチェックすべきなのは、ウォームライトに対応しているか否かでしょう。

 ライトを黄色味がかった色に変えることで、通常のライトより目の疲れを緩和できるとされるウォームライトは、現時点では上位モデルの「Kindle Oasis」にのみ搭載されています。スマホやタブレットでは目が疲れるからという理由で、Kindleの購入を検討しているユーザは、優先度は高めに考えておいたほうがよいかもしれません。

(5)防水機能は本当に必要?

「Kindle Oasis」および「Kindle Paperwhite」は、防水機能を搭載しています。ここで想定されているのはあくまで真水のみなので、例えば海水浴に行った先の海辺で使うといった行為はNGですが、浴室内でも問題なく読書が行えるのは魅力ですし、キッチンなどでの使用時に水がかかった時の備えと考えれば、あって困るものではありません。

 なお画面に水がかぶった状態では、タッチパネルの反応が著しく悪くなりますので、水に濡れた環境で読書するのならば、ページめくりボタンが用意された「Kindle Oasis」のほうが、「Kindle Paperwhite」よりも有利です。いずれにせよ、ほかの項目に比べ、ユーザの使い方によってかなり優先順位が変動するポイントと言えそうです。

(6)ストレージはどのくらいがベストなのか

 ストレージの容量は「8GB」「32GB」のいずれかを選ぶことになりますが、テキストがメインの場合、またコミックでもこまめに入れ替えながら読むのであれば、最小容量の8GBでも支障はありません。数年前までは4GBが主流だったくらいですので、8GBでも決して少ない容量というわけではありません。

 もっとも、まとめ買いしたコミックを全巻ダウンロードしてWi-Fiにつながず読破したい場合や、旅行先などWi-Fiが使いづらい場所に持ち歩いて使うなら、余裕のある32GBをおすすめします。読む対象が主にコミックである場合のみ、予算に余裕があれば選ぶという程度で考えておくとよいでしょう。

(7)「広告ありモデル」は選ぶべき?

今回紹介している各モデルには、広告が表示される代わりに本体価格が安く設定された「広告ありモデル」が用意されています。これらモデルのバナー広告はホーム画面でつねに表示されたままになり、利用できる画面サイズが実質的に制限されるため、個人的にはあまりおすすめしません。

 ただ、スマホ向けのマンガアプリのように、1話ごとに全画面広告が挿入されたり、読書中にずっと画面の下部にバナーが出たままといった目障りな表示方法ではありませんので、ホーム画面が多少息苦しくなるのを許容できるのならば、コスト優先で広告ありモデルを選ぶのも、決して悪い選択肢ではありません。

(8)「無料4G」は必要なのか?

「Kindle Paperwhite」と「Kindle Oasis」には、Wi-Fiモデルのほかに、無料4Gを搭載したモデルが用意されています。4Gがあれば、Wi-Fiがないところでもネットに接続し、既読位置を同期したり、また本のダウンロードが行えるので便利です。これら通信費用も本体価格に含まれており、追加出費が不要なのは実に太っ腹です。

 ただしこの4G接続でダウンロードできるのは、あくまでテキスト本に限られ、容量が大きいコミックのダウンロードには使えません。無料4Gモデルは通常のWi-Fiモデルとの価格差はかなりあるほか、スマホを持っていれば外出先でテザリングを使ってネットにつなぐ方法もありますので、こちらも予算次第、使い方次第と言えそうです。

(山口 真弘)

あわせて読みたい

「Kindle」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  3. 3

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  8. 8

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  9. 9

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。