記事

10月9日(金)ムネオ日記

 高齢者の交通事故が後を絶たないが、10月6日東京高等裁判所で行われた、2018年1月9日群馬県前橋市で起きた死亡事故で、一審で無罪の川端清勝被告(88)が、なんと「犯した罪を償い、人生を終わらせたいと思っており、被害者の苦しみを思うとその思いは一層深まっている」と有罪判決を求めている。

 何とも潔い考えであろうか。そこまで被害者に申し訳なく思い、反省しているなら、一審の判決でよいのではないかと逆に同情するものである。

 それにひきかえ、8日東京地方裁判所での元通産官僚(現経済産業省)工業技術院院長・飯塚幸三被告は、2019年4月、自分の運転ミスで31歳と3歳の親娘をひき殺したにも関わらず、「事の異常から暴走した」と開き直っている。

 遺族の思いをどう受け止めているのか。高級官僚の思い上がりに腹立たしい限りである。
 「こんな男は厳罰にした方がいい」という声が多数寄せられた。

 また、元東京地検特捜部長・石川達紘被告も2018年2月18日東京渋谷でアクセルを踏み込み、37歳の男性を跳ねて殺している。この石川達紘被告も「車の不具合で加速した」と主張している。

 何故、「自分のミスです」と正直に認めないのか。検察官が密室での取り調べで、自分たちに都合のよい調書をつくっているから、言い逃れすればとでも思っているのか。

 腸(はらわた)の煮えくり返る嫌悪感をおぼえる。

 石川達紘被告も、自分から有罪を求めた川端清勝さんを見習うべきでないか。

 世の中、正直者が尊いという価値観を今こそ高めていきたいものだ。

あわせて読みたい

「交通事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    政府のデジタル化策は正しいのか

    山田太郎

  8. 8

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  9. 9

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。