記事

海洋国家日本を担う海事産業が苦境 その克服に向けて

1/2
10月7日(水)、国土交通省海事局を訪問
来年の通常国会を目指して、法改正等に取り組む担当官僚を激励


 「日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。

 去る9月24日(木)には、自民党本部において、海運・造船対策特別委員会、海事立国推進議員連盟合同会議が開催され、海事諸団体からの要望を受け、海事産業強化のための施策について、国土交通省海事局からその支援策の説明を聴取し、出席した国会議員で議論を行いました。

9.24 海運・造船対策特別委員会等の会合で(自民党本部で)

●苦境に陥れ海事産業の現状と課題、そして支援策

平成30年10月13日 進水式の様子(尾道造船で)

 海洋国家日本を担う海事産業は、今大変な苦境に陥っています。

かつて世界一だった造船業は、裾野の広い労働集約型産業として、地域の経済と雇用に貢献してきました。しかしながら、近年大規模な造船所を有し、国が支援する中韓に対して、相対的に小規模な造船所が多い我が国は、追い付き追い越され、国際競争力が低下して、我が国関係船舶の安定的な共有にも支障が出かねず、コロナ禍での受注減となり、手持ち工事量は、通常2年以上が必要のところ、1.05年という、過去最低を更新しており,

事業集約や再編等による競争基盤整備と担い手確保が必要となってきています。

 また、海運産業は、四方を海に囲まれた海洋国家日本には欠く事のできない産業です。我が国貿易量の99.6%を占める外航海運は、国際的な競争の激化や、コロナ禍によって、自動車関連貨物が5割強減少するなど、荷動量の低下等により厳しい経営状況におかれています。将来の環境規制にも対応可能なエネルギー効率に優れた船舶の導入による競争力強化、船員の確保が求められています。

あわせて読みたい

「海運」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。