記事

まもなく沈没する自動車業界でトヨタが生き残るためのたった1つの方法

1/2

100年に一度の大変革期「自動車産業のトップはグーグルに」

私は、今年6月、『日本経済予言の書』(PHP研究所)という本を出しました。本書の中で「2020年代を通じて一番日本経済に打撃が大きいのはトヨタの衰退だ」と予言しています。

資本業務提携を発表し、記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長

資本業務提携を発表し、記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長=2020年3月24日、東京都千代田区 - 写真=時事通信フォト

これから衰退するのはトヨタだけではありません。あらゆる自動車メーカーがそうなります。

今、自動車業界は過去100年間とはまったく違う構造変化に見舞われていると言われています。その結果、今から20年後、2040年頃には自動車産業から時価総額200兆円企業が3~5社誕生すると予測します。

上位3~5社の中に、トヨタ、フォルクスワーゲン、GM、フォード、メルセデス、ルノーといった旧来の自動車メーカーの名前は1社ないしはゼロでしょう。そのほかの上位企業はグーグルやアリババといった異業種の企業となるはずです。

今後は電気自動車への移行と、自動運転技術の実用化により、乗用車を製造販売するという伝統的なビジネスの収益性が下がります。既存の自動車メーカーの時価総額は、過去に紡績メーカーや化学メーカーなどがその道をたどったようにトップ企業でも時価総額1兆円を切るような水準に下がるはずです。

トヨタは「コーポレートメッセージ」を見直さないと衰退する

これから自動車業界に起きることは、かつてのパソコン業界と同じです。2000年に日本には6社の大手パソコンメーカーがありましたが、2020年現在そのほとんどが衰退しました。

一方で、2020年には広義のパソコン産業から時価総額100兆円企業が4社誕生しています。アップル、マイクロソフト、グーグル、アマゾンです。そこには数年以内にフェイスブックの名前も加わるでしょう。富士通、NEC、東芝、ソニー、パナソニック、シャープの名前が加わる可能性はありません。

シリコンバレーの路上でテストを行うWaymoの自動運転車

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Andrei Stanescu

それと同じで、20年後、トヨタが自動車産業に出現する時価総額200兆円企業の一角に食い込むためには自動車メーカーのポジションのままでは難しい。これがトヨタ危機の本質です。いや、トヨタだけではありません。日産、ホンダ、スズキ、三菱、マツダ、スバルといったすべての自動車メーカーに共通する未来の危機なのです。

この議論については「トヨタの対応が遅れている」「いやトヨタは遅れてはいない」という水掛け論に陥りがちです。しかし、トヨタ危機の本質は対応の遅れではなく、未来の変化のすべてに少しずつ手を出している一方で、20年後のゴールが見えていないことだと私は思います。

その観点から、今回は「トヨタはコーポレートメッセージが定まらないから出遅れているのだ」という問題提起をさせていただきます。

時価総額200兆円企業となるための3つの選択肢

トヨタの経営理念には「トヨタはクリーンで安全な商品の提供を通じて、豊かな社会づくりに貢献し、国際社会から信頼される良き企業市民を目指しています」と書かれています。その下位概念に「創業からの基本理念」「2001年からの行動指針」「トヨタ生産方式」と「グローバルビジョン」の4つの理念や哲学、ビジョンがある。未来にかかわることはグローバルビジョンで語っており、そこでは「モビリティ社会をリードする」という言葉に力点が置かれています。

トヨタの一番有名なコーポレートメッセージは2010年代に使われてきた「Drive your dreams」です。そこから2020年代をリードするコーポレートメッセージをいろいろ打ち出していますが、まだ定まっていない段階だと私は感じています。

このコーポレートメッセ―ジというものは企業のあるべき未来を従業員に指し示すために作られます。そして、コーポレートメッセ―ジが変われば企業は変わります。

かつてNECが電電ファミリーの通信機メーカーだった昭和の時代がありました。当時は、電話の一般回線は通話のためにあるからコンピューターをつないではいけないという規制があったのです。

そういった時代にNECのトップは「これからは通信とコンピューターが融合する時代になる」と考え、あの有名なC&C(Computer and Communication)というコーポレートメッセージを打ち出しました。

これは極めて変革のメッセージ性が強いコーポレートメッセージで、この言葉によってNECは旧来の通信機メーカーからコンピューターと通信の融合領域へとビジネスを広げていくことができたのです。

では、2040年に自動車業界で時価総額200兆円企業となる会社はいったいどのようなコーポレートメッセージを掲げることになるのでしょうか。次のように3つの可能性があると私は考えます。

1.電力インフラのリーディング企業
2.トラフィックネットワークのリーディング企業
3.物流と人の移動のソリューションのリーディング企業

これらを順に説明していきましょう。

破壊的イノベーションで世界最大の電力会社へ

1つ目はコーポレートメッセージ的に言えば21世紀のC&C、つまりCar and Clean energy(自動車とクリーンエネルギー)のことです。これはパリ協定の温室効果ガスの削減目標達成のために自動車産業が破壊される流れの中で、新たに誕生すべき重要な社会インフラになります。

そもそも地球温暖化の抑制のためにやり玉に挙がっているのはガソリン車だけでなく、日本が誇る石炭火力発電所など化石エネルギー産業全般です。それに代わって世界的に増加していくクリーンエネルギーは電気自動車と極めて相性がいい。

社会的に見て効率が良いのは、自家用車と自宅の太陽光発電といった小さな対応ではなく、世界中の自動車と世界中のクリーンエネルギーを1つの都市、あるいは国家単位の電力ネットワークとしてつなげることです。

そして既存の電力会社はこういった新しいエネルギーインフラの構築には後ろ向きのため、この分野のリーダーとして革新的なスマートグリッド(次世代送電網)を構築できるのは電力産業の部外者である可能性が高いと考えられています。

田舎の風景の太陽電池エネルギー農場の上空ビュー

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Nikada

トヨタのような自動車業界の大資本はこの新規機会との相性がよく、本気でこの領域に参入すれば既存勢力を破壊的イノベーションで攻めることができる立場にあると考えられています。

2040年代には自動車産業のリーディング企業が世界最大の電力会社になる可能性がある。これが自動車産業から生まれる未来の時価総額200兆円ビジネスの1つ目になります。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  4. 4

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  5. 5

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  6. 6

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  7. 7

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  8. 8

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  9. 9

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

  10. 10

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。