記事

ブロガーに告ぐ:「お役立ち系記事」の域を超え、「オピニオン」を発信せよ

昨日は就トモカフェで、ボランティアスタッフ向けにブログ講座を開いてきました。彼らもブログを始めるとのこと!いいことですね。

お役立ち系記事はウケる

講義の中で話したのですが、ブログのコンテンツっていくつか分類が可能でして、例えば


1. Howto
2. 業界ニュース
3. 事例紹介
4. インタビュー
5. イベントレポート
6. 賛否両論を呼ぶオピニオン

なんてものが挙げられます。メディアを作る時は、こうした分類のもと、計画的にコンテンツを作っていったりします。

様々なブログコンテンツの中でもっともウケやすく、書くためのハードルが低いものは「お役立ち系記事」です(上記のリストでいうと、1〜5はお役立ち系記事にカテゴライズされます)。

例えば就活生をターゲットにしている就トモカフェブログなら、

・「10人中8人は、”合同説明会は行く必要がない”と回答」(アンケート実施)
・「大手広告代理店の内定を取った○○さんに聞く、就活の秘訣」
・「これだけは注意しておきたい、ESの注意点」

なんてコンテンツ案が「お役立ち系記事」にあたるでしょう。中身がよければ、ソーシャルメディアでもバズり、検索エンジンでも流入を得ることができます。

真に難しいのはオピニオンの発信

トラフィックを稼ぎやすいだけでなく、お役立ち系コンテンツは炎上もしにくいため、企業がマーケティングを行う際にはこの切り口がメインになります。個人のブロガーでも、同様にお役立ちコンテンツを中心に配信する方は多いです。僕も昔はそうでした。

でも、せっかくブログを使って「表現活動」を行うのなら、そうした「お役立ち系記事」の域を、努力して脱出することも大切だと思うんですよね。オピニオンを発信せよ、ということです。

オピニオンを発信することと、お役立ちコンテンツを発信することは、似て非なる活動です。

自分の意見を中心に書くことは、自分そのものをさらけ出すことであり、自分自身が嫌われるリスクを背負うことです。時には炎上することもあるでしょう。誹謗中傷を浴びて、腹痛に苛まれるかもしれません。見ず知らずの人から「お前は馬鹿だ」と罵られるのは、慣れないとなかなか辛いです。

しかし、そういう自己表現を通して得るものはとても大きいです。

端的にいえば、より自分らしく生きていくことができます。心無い誹謗中傷や、ライトな賛辞を目にすることで、「他人は他人である」という冷徹な事実を、身を以て体感することができます。他人に変な期待を抱くことはなくなり、良い距離感で他人と付き合うことができるようにもなります。

また、「自己表現」は「自分と向き合うこと」そのものです。就活でいえば、下手な自己分析をやるなら、ブログで自分の意見を表明するのが一番手っ取り早いでしょう。

生きているかぎり、世の中に対して、自分に対して何らかの違和感を抱くはずです。それをうまく言語化し、自分の価値観を露わにしましょう。極論、それがブログを書く醍醐味だと僕は思います。ぜひ、お役立ち系記事の域を超え、オピニオンを発信してください。

関連本。めっちゃ痺れます。ビジネスでもアートでも、自己表現しないのはもったいない、という気にさせられる名著です。

リンク先を見る 自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫) posted with ヨメレバ 岡本 太郎 青春出版社 1993-08 Amazon 楽天ブックス 図書館

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  7. 7

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  8. 8

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  9. 9

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  10. 10

    都議選2021の争点は「表現の自由」が熱い!東京都の不健全図書指定について、具体的な改善策を提起する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月17日 10:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。