記事
  • ヒロ

軽すぎる大臣の椅子

田中慶秋法相の辞任は余りにも当然すぎたものだったとすれば野田総理の人選はセンスが悪いのか、本当に人材がいなかったのかのどちらかということでしょうか?

もともと田中氏の大臣起用には疑問の声が上がっていたそうです。元民社党の幹部で最も出世が遅れていてようやく大臣にさせてもらったというのがストーリーであるならば解散総選挙を目の前にした最後の花道のつもりだったのでしょうか?それならば大臣の椅子は余りにも軽すぎます。

ただでさえ首相がよく変わる国でいまや大臣の名前を覚えるのは至難の業。諸外国の政府では「○○省の大臣は今誰?」という問いにとっさに答えられない側近という笑えない話もあるわけです。

官僚が日本を牛耳っいるこの状態から離脱したいという民主党の野望は結局、イジメ的な形でしっぺ返しを食らうことになります。その最たる例が丹羽宇一郎中国大使。菅元首相から民間からの起用として話題になったものの結局、へそを曲げたのが外務省と言われています。外務省にはチャイナスクールなる中国専門部隊があり、当然ながらその意を汲んだ人が中国の大使になるべきでした。が、菅元総理はそれに対してチャレンジし、結果としてさまざまな不具合が生じたのです。

予算という最大の力を力を持つ財務省。今回消費税を導入する影の参謀は先日退任した勝栄二郎次官だったのではないでしょうか。財務大臣経験者の野田首相、谷垣元自民党総裁とは太いパイプがあったと思います。勝元次官としてはこのチャンスを逃せば日本の財政は極めて不安定になると判断し、強い力で可決まで導きました。その際、財務大臣の名前が目だったことはないはずです。

それぐらい日本において官僚の力は圧倒的であるし、優れ者集団だと思われています。一方、官僚主体の日本の行政を変えるという政治家は次々変わる首相、大臣故にポリシーをもって長く担当相の行政を育成していくことは決してないわけです。今回、法務省でも「大臣が変わるのは慣れているから」というコメントは結局、大臣とはお飾りどころかあてにならないポジションであるといっても言い過ぎではありません。

海外では大蔵/財務大臣を長く務めることが首相への早道と言われています。日本でもそんな時代が戦後長く続きました。池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、福田赳夫、大平正芳、竹下登、橋本龍太郎、羽田孜、そして2001年の森内閣の際の宮澤喜一財務大臣、そのあと飛んで野田財務大臣となるわけです。

本来なら国政は腰を据えて官僚と討議し、時には対峙しながら推し進めていくものだと思っています。が、今の政治家は本当に軽くなりました。名刺を使い切ることはないのではないかと勘ぐりたくなる今日この頃です。

今日はこのぐらいにしましょうか?

あわせて読みたい

「田中慶秋」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党に利用された宝島社の「タケヤリ意見広告」

    渡邉裕二

    05月19日 08:10

  2. 2

    #メディアはワクチン接種を邪魔するな 2 政府のミスを見つけてくれた? ワクチンを早期に拡げて国民を助けるより政府を叩きたい!? 国を滅ぼしたい!?

    中村ゆきつぐ

    05月19日 08:20

  3. 3

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  4. 4

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  5. 5

    大失敗の大阪、成功の東京〜感染急増の大阪や地方と、第4波の感染抑えた東京の何が違ったのか?

    かさこ

    05月19日 08:15

  6. 6

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  7. 7

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  8. 8

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  9. 9

    田村正和さん「静かに死にたい」本誌に語っていた人生の幕引き

    女性自身

    05月19日 08:39

  10. 10

    二階幹事長 支持率急落に“怒り”表明も「自業自得」と呆れ声

    女性自身

    05月19日 09:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。