記事

ヤフーの「今日来る」

あつまろです。

2012年4月27日にこんなニュースが流れました「ヤフー、アスクル筆頭株主に、330億円、42%を取得」。 関係者以外は「あ、そう」、そんなレベルのニュースだと思います。今回はこの話題を突っ込んでいきます。

「明日来る(アスクル)では遅い」
ヤフーがアスクルに約42%を出資し、資本・業務提携を結びました。アスクルはオフィス通販事業を開拓し、2000年に上場。社名でもある「明日来る」という新たなサービス提供により業績を拡大してきました。しかし、近年は低迷しており、新たに開始した個人向けサービスも燦々たる状況です。アマゾンと当日配送サービスを前にして「明日来る(アスクル)」という言葉は、誰も見向きもしないというのが現在の日本の状況です。
一方のヤフーはヤフーショッピングというモール型サイトを運営しています。ヤフーは2012年4月から44歳の宮坂社長の新体制の下、「爆速」をキーワードに「利益を2倍」を目指すと息巻いていた矢先でした。4月27日のニュースリリースですから、恐るべきスピード感です。
リンク先を見る


「ネット通販はヨダレが出てくる市場」
約300兆円とされる個人消費のうち、ネット通販の比率は約3%弱と言われています。9兆円弱という市場規模になります。しかし、日に日にネット通販は伸びており、素人考えでは将来は10~20%にまで成長するのではないかと思います。仮にネット通販比率が10%だとしても、現在9兆円の市場規模が30兆円までに伸びる計算になります。21兆円とはすごい額です。

「ネット通販はアマゾンと楽天の2強」
ネット通販業界の頂点にはアマゾンと楽天がいます。専門サイトとしてはZOZOTOWNなどもありますが、総合力では2強と言っていいでしょう。ネット通販を制するために重要なことは何でしょうか。3つ挙げるとすれば「利便性」、「商品ラインナップ」そして「価格」だと思います。

アマゾンは物流を磨きに磨いて、国10カ所以上に物流拠点を持ち当日配送サービスエリアを拡大し消費者の「利便性」は増すばかりです。購入金額に関わらず無料配送サービスも手がけており、他通販サイトとは配送料という「価格」での魅力を与えてくれます。また「商品ラインナップ」も拡大の一途です。最初は書籍だけだったのが現在では電化製品から飲料水まで何でもアマゾンで買える環境が整いつつあります。

楽天の魅力はなんといっても個人商店。ディープな商店街を歩くような感覚があります。これは「商品ラインナップ」に秀でていると言えますね。次は価格。楽天ポイントを利用してお得感を打ち出しています。「利便性」は難がありますね。個人商店の集りだけに配送がバラバラだったり、サイトデザインの煩雑さも人によってはネガティブに感じる要素だと思います。

「新サービスLOHACO」
資本・業務提携からそろそろ半年という10月15日、ヤフーとアスクルは新インターネット通販「LOHACO(ロハコ)」サービスを開始しました。
リンク先を見る
(ヤフーHP「プレスリリース」)

ヤフーの特技は他社との提携。今回のサービスもうまく他社との連携をしているように見えます。
先ほど述べた「利便性」、「商品ラインナップ」、「価格」という角度から今回の新サービスを見て行きましょう。

「1.利便性」
配送面ではヤマト運輸と組み、当日もしくは翌日配送を可能にし、受け取り日時を指定できるサービスも導入。個人宅配の王者ヤマト運輸の力も得て、「明日来る」からの前進ですね。
しかも今回の資本提携でアスクルは投資余力が生まれ、5年以内にアスクルの物流拠点を現在の6カ所から12~13カ所に増やし、当日配送地域を拡大する計画です。ノウハウの差はともかくアマゾンと肩を並べようという意気込みが見えます。
また、既存サービスである決済サービス「ヤフー!ウォレット」と連携や、スマホのカメラで画像やバーコードから商品検索や店頭との価格比較ができる機能も提供し、利便性強化を訴えています。

「2.商品ラインナップ」
ここはアスクルの取引網を利用して600社と提携。日用品も揃えているそうですが、まだまだこれからでしょうね。

「3.価格」
後発としての追い上げの武器はここのようです。花王など600社から直接調達をすることにより調達コストを削減、競合より安い価格設定をしているそうです。また1900円以上の注文で配送料を無料にしており、アマゾンや楽天だけでなくスーパーなど小売店の顧客も取り込もうという狙いです。

「あれ?LOHACOが見つからない」
で、どんなもんだろうとYahoo! JAPANトップページを訪れてみると、LOHACOのサービスが見当たりません。
画像を見る

じつは10月15日のサービス開始はスマートフォン向けに開設。PC向けサービスは11月下旬開始だそうです。宮坂社長率いる新ヤフーには「爆速」」以外にもうひとつスローガンがあります。「スマホファースト」です。PCを中心としたサイト運営をスマホへシフトするという思いです。PC向けサービスを開始待たずしたサービス展開。いいですねぇ。余談ですが「スマホファースト」の一環として、全社員にiPadとiPhone5を配布するそうです。うらやましい。

「ネット通販三国志」
LOHACOのサービスを眺めていると、現時点ではアマゾンと楽天と伍していく力はないと思います。が、半年でここまで準備できたスピード感(爆速)はすごいと思います。この先もこのスピード感でサービスを打ち出していくとすれば、2強の牙城を崩してネット通販の三国志を形成できそうです。

あわせて読みたい

「」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  7. 7

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  8. 8

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  9. 9

    東京の大規模接種 不具合で期間外の予約受け付け 772回の予約は有効に

    ABEMA TIMES

    05月17日 20:04

  10. 10

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。