記事

いつから日本語がこんなに乱暴になったのだろう

いつから日本語がこんなに乱暴になったのだろう

橋下徹大阪市長は週刊朝日の出自報道をめぐりTwitterで「誤った事実認識の下に週刊朝日を鬼畜集団と批判したことは申し訳ありませんでした」と謝罪した。

橋下市長の出自をめぐる週刊朝日の記事にはこれ以上ないというほどの差別表現と罵詈雑言がちりばめられていたが、橋下市長も反論する際、事実認識だけでなく、言葉を選ぶべきではないかと思う。

週刊誌に適切な言語、文化の継承という社会的使命があるように、政治家にも社会の模範となる社会的責任がある。

感情を表に出すことを恥じる英国では、怒りの感情を表に出す政治家は公人にふさわしくないとして一夜で有権者の信頼を失うだろう。

最近では首相官邸の警察官を「平民」と呼んだ最大与党・保守党院内幹事長、アンドリュー・ミッチェル氏が辞任に追い込まれた。

2005年7月のロンドン同時爆破テロでは、当時のケン・リビングストン市長がイスラム系移民への憎悪が広がるのを防ぐため、「われわれは臆病者の攻撃によって分断されることはない」と団結を呼びかけた。

昨年4月、マンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニー選手がハットトリックを決め興奮のあまりTVカメラに向かってののっしたところ、イングランド・サッカー協会(FA)から2試合の出場停止を言い渡された。

サッカー選手には青少年に模範を示す必要があるというのが理由だ。英国では若者に影響力を持つサッカー選手には社会人としてのモラルが求められる。

今年のロンドン・オリンピックでは、Twitterで飛び込み男子の英国代表選手を「おまえを見つけてプールで溺死させてやる」と脅した17歳の少年が逮捕された。

英国では人種、宗教、障害への憎悪をあおる行為は犯罪として処罰される。ソーシャルメディアを使った憎悪犯罪も厳しく摘発される。

筆者はこの夏、ロンドンから5年ぶりに帰国した際、東京、千葉、神奈川、大阪、徳島、香川、福岡、大分を駆け足で回った。

東京では本当に人がギスギスしていた。国会図書館でコンピューターに向かっていた男性が突然「お前、どうしてそんなことするんだ」と叫びだし、宙をにらんで腕を振り回し始めた。

地下鉄では隣に座っていた男性が筆者の目の前で壁を力一杯なぐりつけた。

徳島はシャッター街が目立ち、故郷の大阪からは人々の悲鳴が聞こえるような気がした。

先日、ロンドンで東日本大震災の被災地支援を続けているグループ「TERP London」の会合に招かれた際、東北出身の女性が「負けるもんか! 東北」というステッカーを配っているのを見て、胸がつぶれそうになった。

「私は阪神大震災を取材したことがあります。“負けるもんか”という言葉には悲壮感がありますが、そんなに東北は孤独を感じているんですか」と尋ねると、女性は「みんな、これから政府がどうしてくれるのか不安なんです」と語った。

言葉とは人を攻撃したり、傷つけたりする武器なのだろうか。筆者は、人と人の心をつなげたり、励ましたりするために言葉を使いたい。

在日米軍基地に反対する沖縄の人々にもバーチャル空間で情け容赦ない言葉が投げつけられる。英国ならおそらく逮捕されるだろうと思われるほど、ひどい内容のものもある。

同じ日本人だというのに、ただ、政治的な立場が違うだけで、言葉が人々を分断する。

旧ユーゴスラビア内戦では、政治家は憎悪と不安をあおり、言葉で民族を分断した。そして信じられないぐらい多くの人が死んだ。政治家なら団結のために言葉を使ってほしい。

2015年に予定される次の総選挙で政権奪還をねらう英国のエド・ミリバンド労働党党首は先の年次党大会で「ワン・ネーション(一つの国家)」をキーワードに格差解消を政策の中心に据える考えを訴えた。

19世紀に首相を務めた保守党のベンジャミン・ディズレーリ(1804~1881年)の時代、産業革命で英国は富裕層と貧困層、資本家と労働者の「二つの国家」に分断されていた。ディズレーリは国家が関与して格差をやわらげ、「一つの国家」を保つ重要性を訴えた。

今、1%対99%の格差が国家や世界を分断する。「ワン・ネーション」という言葉を繰り返したミリバンド党首の演説は、筆者が英国にやってきた2007年以降で最高の部類に入るほど、魂のこもった演説だった。

日本の政治家からもそんな言葉を聞きたい。(了)

あわせて読みたい

「日本語」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  7. 7

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  8. 8

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  9. 9

    東京の大規模接種 不具合で期間外の予約受け付け 772回の予約は有効に

    ABEMA TIMES

    05月17日 20:04

  10. 10

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。