記事

イタリア、自宅以外でのマスク着用を全国で義務化

イタリアは7日、新型コロナウイルス流行を抑えるため、屋外でのマスク着用を全国で義務づけると発表した。

この対策により、イタリア国民は自宅以外のすべての場所でマスクを着けなくてはならない。

イタリアの新型ウイルス感染症COVID-19の患者数は、多くの欧州諸国と比べるとかなり少ない。しかし、感染者は着実に増加し続けている。

ジュゼッペ・コンテ首相は、経済に大打撃を及ぼすロックダウンの再実施を避けるため、厳しい対策が必要だと訴えた。

「今後は自宅を出る時、マスクなどの防護用具を持参し、着用しなくてはならない。周囲に誰もいない状況が続く場合を除いて、それらを着ける必要がある」

商店、事務所、公共交通機関のほか、バーやレストランでも着席していない時は、マスク着用が義務となる。

こうした対策は、ローマなど感染が拡大しているイタリア国内の一部で、すでに実施されている。今回の措置は、それを全国に広げる。

イタリアは今年初め、ヨーロッパで最初に深刻な感染拡大に見舞われた際に、世界的にもかなり厳格なロックダウンを実施した。

ここ数カ月は、他の欧州諸国より感染の抑制に成功している。しかし保健省によると、直近24時間に感染が確認されたのは3678人に上り、4月24日以降で初めて3000人を超えた。

チェコが新規感染最多に

イタリアは7日、イギリス、オランダ、ベルギー、チェコからの渡航者全員に新型ウイルス検査を義務付けると発表した。欧州諸国からの感染者の入国を防ぐのが狙い。

このほかヨーロッパでは、次の動きがみられる。

  • チェコの過去2週間における10万人あたりの新規感染者数が、スペインを抜いて欧州連合(EU)加盟国で最多となった
  • オランダで過去24時間に約5000人の感染が確認され、過去最多を更新した
  • イギリス・スコットランド中部(グラスゴー、エディンバラなど)のすべてのパブとレストランが9日から閉鎖される。同国イングランドも同様の措置を一部で実施することを検討している
  • ベルギーの首都ブリュッセルですべてのバーとカフェが1カ月間閉鎖される
  • フランス・パリでは、病院の集中治療室のベッドの4割以上がCOVID-19患者で埋まっている
  • ポーランドウクライナなどヨーロッパの他の数カ国でも1日あたりの感染者数が過去最多となっている

(英語記事 Masks made mandatory outdoors across Italy

あわせて読みたい

「イタリア」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  10. 10

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。