記事
  • ロイター
  • 2020年10月08日 00:50 (配信日時 10月08日 00:40)

ノーベル化学賞に仏米女性2人、遺伝子改変の「はさみ」開発


[ストックホルム/ベルリン 7日 ロイター] - スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2020年のノーベル化学賞を、遺伝子を改変する「はさみ」を開発し、がんの新たな治療に貢献したほか、遺伝性疾患の治療の可能性を見いだした女性研究者2人に授与すると発表した。

受賞者はフランスのエマニュエル・シャルパンティ氏と米国のジェニファー・ダウドナ氏。動物や植物、微生物のDNAを正確に改変する「クリスパー・キャス9」を開発した。賞金1000万クローナ(110万ドル)を2氏で等分する。

スウェーデン王立科学アカデミーは「DNAを好きなところで切れる技術は生命科学に大改革をもたらした」と話した。

ノーベル化学賞の受賞者に男性がいなかったのは、1964年に英国女性のドロシー・ホジキン氏が単独でノーベル賞を受賞して以来となる。

マックス・プランク感染生物学研究所に務めるシャルパンティ氏は、2人の女性がノーベル化学賞を受賞するのは初めてで、科学が現代化し、女性のリーダーが出てきたことを示すと述べた。

ダウドナ氏はすでに、生命工学のスタートアップ企業であるマンモス・バイオサイエンスの共同創設者として、クリスパーを用いた新型コロナウイルスとの闘いに挑んでいる。新型コロナ診断テストの開発に向け製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>と提携している。

クリスパーはこれまでもノーベル賞の有力候補として挙がっていたものの、神のような力を科学者に与える技術であり、遺伝子を改変した「デザイナーベビー」をつくるなど、乱用の可能性があるとの懸念がある。

ノーベル化学委員会を率いるクレス・グスタフソン氏は「この技術は多大な力があるため非常に気を付けて使わなければならない」と述べた。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。