記事

1票の格差「違憲状態」を脱却する思考実験をしてみる(参議院選挙区)

1/2

 17日付けNHKニュース記事から。

1票の格差 衆参ともに「違憲状態」

10月17日 18時23分

おととしの参議院選挙で、選挙区ごとの1票の価値に最大で5倍の格差があったことについて最高裁判所大法廷は判決で、憲法違反の状態だと判断するとともに、選挙制度そのものの速やかな見直しを求めました。

違憲状態の判断は、衆議院選挙でも示されていて、衆参両院の1票の格差がともに憲法に違反した状態だと指摘される異例の事態となりました。

(後略)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121017/t10015816261000.html

 うむ、「衆参両院の1票の格差がともに憲法に違反した状態だと指摘される異例の事態」となったわけですが、格差の大きさでは最大で5倍の格差が生じている参議院の選挙区のほうが大きいわけです。

 今回は参議院選挙区をどう区割りすれば「違憲状態」を脱することができるか、できるだけ単純明快な手順で思考実験をしてみたいと思います。

 だいたい格差が何倍以内なら「合憲」なのかよくわかりませんが、ここはハードルを高めて全選挙区で格差1.5倍以内を目指してみます。

 まず基礎データとして前回の 第22回参議院議員通常選挙の都道府県別有権者数、議員一人当たりの有権者数、各選挙区ごとの一票の格差を正確な数値で計算いたします。

 データソースは総務省サイトで公開されています。

(2)-1 都道府県別有権者数、投票者数、投票率(選挙区)

http://www.soumu.go.jp/news/pdf/040711_2-2.pdf

■表1:第22回参議院議員通常選挙の都道府県別の一票の格差

都道府県有権者総数議席数議員一人当たり有権者数一票の格差(倍)
北海道460456122302280.54.738060595
青森県1159140111591402.38549367
岩手県1109235111092352.282789888
宮城県19083192954159.51.96364671
秋田県92704819270481.907851627
山形県96623219662321.988491743
福島県165943228297161.707543753
茨城県2425880212129402.496213306
栃木県1630549116305493.355646701
群馬県1627796116277963.349981067
埼玉県581468931938229.6673.988849147
千葉県504548631681828.6673.461179528
東京都1062050852124101.64.371370948
神奈川県729456132431520.3335.004034338
新潟県196879829843992.025879172
富山県90332819033281.859036204
石川県94429719442971.943349825
福井県65350316535031.3448999
山梨県70206717020671.444843922
長野県175829428791471.809272049
岐阜県168822428441121.737170516
静岡県307671121538355.53.165913787
愛知県5829921319433073.999298227
三重県1503886115038863.094976045
滋賀県1106114111061142.276366914
京都府209889721049448.52.159750119
大阪府7089288323630964.863218031
兵庫県454292322271461.54.674635531
奈良県1154020111540202.374956782
和歌山県84845818484581.746114523
鳥取県48591214859121
島根県59386015938601.222155452
岡山県1577416115774163.246299742
広島県232626921163134.52.393714294
山口県1208999112089992.488102784
徳島県65882816588281.355858674
香川県82969818296981.707506709
愛媛県1197915111979152.465292069
高知県64095916409591.319084526
福岡県4094102240941024.1212801907
佐賀県68827116882711.41645195
長崎県1177396111773962.423064259
熊本県1488495114884953.063301585
大分県99064819906482.038739525
宮崎県93388119338811.921913844
鹿児島県1400358114003582.88191689
沖縄県1073963110739632.210200612
104029135731425056.6442.932746349

 うむ、ご覧のとおり議員一人当たり有権者数が最小の鳥取県485912人に対して最大の神奈川県2431520人であり、その格差は5.004倍になっています。

 言うまでもなく都道府県で最低1議席づつ割り振る現在の区分けでは鳥取県に一議席を与えている限り都市部においてかなりの議席数を増やさないと格差1.5倍以内には調整が付きませんが、国会議員の議席数増は時勢に合致しません。

 そこで、ここでは選挙区の議席総数73を変えないで、選挙区の区割りを都道府県を越えて拡大することにより格差縮小を目指してみます。

 シンプルで単純な手順を繰り返すことにします。

 手順1・議員当り有権者数が最小の選挙区から議席数を-1する。

 手順2・その選挙区の議席数がゼロになったら隣接する県と選挙区を合併する。

 手順3・議員当り有権者数が最大の選挙区の議席数を+1する。

 表1において、議員当り有権者数が最小の鳥取県は隣接する島根県と選挙区を合併して2県で一議席の定員といたします。(1減)

 そして議員当り有権者数が最大の神奈川県の定員を3議席から4議席にいたします。(1増)

■表2:第22回参議院議員通常選挙の都道府県別の一票の格差(調整1回目)

都道府県有権者総数議席数議員一人当たり有権者数一票の格差(倍)
北海道460456122302280.53.591930997
青森県1159140111591401.808446406
岩手県1109235111092351.730586512
宮城県19083192954159.51.488643579
秋田県92704819270481.446345242
山形県96623219662321.507478637
福島県165943228297161.294491535
茨城県2425880212129401.892383132
栃木県1630549116305492.543920906
群馬県1627796116277962.539625779
埼玉県581468931938229.6673.02395265
千葉県504548631681828.6672.623925503
東京都1062050852124101.63.313943014
神奈川県729456141823640.252.845174574
新潟県196879829843991.535822104
富山県90332819033281.409338195
石川県94429719442971.47325648
福井県65350316535031.019570675
山梨県70206717020671.095338391
長野県175829428791471.371611913
岐阜県168822428441121.31695163
静岡県307671121538355.52.400084093
愛知県5829921319433073.031874114
三重県1503886115038862.346306082
滋賀県1106114111061141.725717246
京都府209889721049448.51.637309875
大阪府7089288323630963.686813041
兵庫県454292322271461.53.543848358
奈良県1154020111540201.800458376
和歌山県84845818484581.323732095
鳥取県・島根県1079472110794721.684151404
岡山県1577416115774162.461024808
広島県232626921163134.51.814678474
山口県1208999112089991.886234533
徳島県65882816588281.027878538
香川県82969818296981.294463452
愛媛県1197915111979151.868941695
高知県64095916409591
福岡県4094102220470513.19373158
佐賀県68827116882711.073814394
長崎県1177396111773961.836928727
熊本県1488495114884952.322293626
大分県99064819906481.545571558
宮崎県93388119338811.45700583
鹿児島県1400358114003582.18478561
沖縄県1073963110739631.675556471
104029135731425056.6442.223319501

あわせて読みたい

「一票の格差」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  4. 4

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  5. 5

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  6. 6

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    眞子さまが詠んだ小室氏への思い

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  9. 9

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

  10. 10

    東出不倫壊した団欒 2億円豪邸も

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。