記事

中国で食品ロスなくす新条例続々制定 体重で皿数限定など

食品ロスを戒める動きの背景とは

 中国の習近平国家主席が8月に全国民に向けて発した重要指示「食べ残し禁止令」を受けて、中国全土の31の省レベル(日本では県・政令指定都市に相当)では、レストランや顧客などに対して、食品ロスを戒める条例制定の動きが急速に進んでいるという。

 首都・北京市に隣接する河北省政府では、11月から結婚披露宴などの宴席で、食べきれないと分かっている膨大な量の料理を出して、多額の料金設定を強要するレストランなどに対して、最高で1万元(約15万円)の罰金などを科す条例が発効する。上海市や広東省でも同様の動きが出ている。

 中国各地では、「皿の上の食べ物を残さずきれいに食べ尽くす行動」という意味の「光盤運動」というポスターが目につく。そこには「勤倹節約」という標語も添えられている。

 これらは、習氏が8月に出した、「飲食の浪費現象は深刻で心が痛む!」「皿の上の1粒1粒が、人々の苦労のたまものだと、誰が知っていることか」などの重要指示を徹底させるためのもの。全国の地方政府も食品ロス防止のための条例化に向けて、急速に動き出している。

 中国内陸部の湖南省長沙市では客の体重によって、提供される料理が決まるという奇抜な条例案も提出されている。レストランに入ると、客はまず体重計に乗せられ、体重を量る。もしも40キロ以下の女性であれば、肉料理と魚料理の計2品しか注文できず、体重が80キロの男性の場合であれば、注文できるのは肉料理と魚料理に加え、もう一品の3品だけ……という形の条例案だという。

 湖北省武漢市では、宴席における10人分の客の料理として、9人分しか出してはいけないという条例も検討されている。中国では宴席で出される料理の量が多く、食べ残しも多いため、このような条例が浮上したとのこと。しかし、客は人数分の代金を支払わなければならず、「不合理だ」という批判も出ている。

 このようななかで、推奨されているのが日本料理だ。日本料理は定食などで一人分が決まっており、量も少なく、食べ残すことはほとんどないためだ。

 しかし、中国では伝統的に宴席では、ホスト側のメンツもあり、客を丁重にもてなすことを示すため、料理の量を多くすることが習慣となっている。

 これについて、中国政府のシンクタンク、中国科学院などが行った調査では、中国の都市部の飲食店で1年間に出る残飯の量は1700万~1800万トンで、これは3000万~5000万人の1年分の食料に相当すると試算しており、習氏の食べ残し禁止令を理論的に擁護している形だ。

 しかし、市民の間からは「習近平は青年時代に、文化大革命(1966~1976年)で田舎に下放されて、満足な食事もできなったため、いまごろ食べ残し禁止令を出しているのに違いない。それをいま、我々庶民に押し付けるのは時代錯誤だ」との声も出ている。

あわせて読みたい

「食品ロス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  3. 3

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  4. 4

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  5. 5

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  8. 8

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  9. 9

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  10. 10

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。