記事

直接金融のプレーヤー

 経済はお金がまわれば、いくらでも元気になる。 お金がないと経済成長もおぼつかない。 明治の頃も、戦後復興時も、日本はお金がなくて苦労に苦労を重ねた。 いま日本には、お金が有り余っているところと、まったく無いところとが奇妙な共存をしている。 お金がまわっているようで、まわっていない。 それで、日本経済のジリ貧が続いているわけだ。

 お金が有り余っているところの代表が、個人の預貯金マネーである。 なにしろ、国内総生産の1.7倍もの資金が年0.02%ほどにしか富を生まない預貯金に寝かせたままにしているのだ。 一方、お金が無いのは国で、1000兆円もの借金を抱えている。

 ここで問題なのは、預貯金はじめ個人金融資産の大半が、金融機関を通して国債購入にまわっていることだ。 経済はお金がまわればいいといったが、お金のまわり方が悪すぎる。 バブルがはじけて21年経ったが、その間に国は1992年から年平均して19兆6000億円の景気浮揚予算を投入してきた。

 ところが、まったく効果は出ていない。 単純計算しても、年4%の成長をしてもおかしくないだけの資金投入なのに。 年4%の成長をしていてくれたら、今頃日本経済はバブル時の2倍の1000兆円前後になっていたはず。 それなのに、成長どころか国の借金が1000兆円に積み上がっただけである。 まったくの死に金を投じてきたことになる。

 死に金を投じてきたのは国だけではない。 個人や家計もそうだ。 預貯金にボケーッとお金を置いておき、その先でお金がどう働いてくれているのか、まったくの無関心。 そのご褒美が、年0.02%と雀の涙にもならない利子収入でしかないし、ジリ貧とデフレが続いた経済で給料やボーナスの減少でしかなかった。 誰にとっても嬉しくはない縮小均衡である。

 いけないのは、個人や家計が自分のお金をボケーッと預貯金に置いたままという点だけではない。 そういった個人や家計に、もっともっと有用で有益なお金のまわし方があるよという、直接金融では当たり前のいろいろな工夫を乗っけた提案が無さすぎる。

 日本独特の間接金融一本やりでやって来た経済運営が限界に達している。 その証明が、上に書いた家計の有り余ったお金と国の借金の奇妙な共存である。 一刻も早く、お金の流れを広く太くする直接金融を日本に定着させなければならないのに、そのプレーヤーが、まったく育っていない。

 及ばずながら、われわれ直販投信が直接金融の流れを広めようと頑張っているが、力不足を認めざるを得ない。 現状は、もどかしさと悔しさばかりだが、とにかく進むしかない。 日本経済を元気にさせるためにも、子どもや孫たちに明るく夢のあふれる社会を残してやるためにも。

あわせて読みたい

「マネー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  8. 8

    阿部一二三&阿部詩、九州まで夜通し車で…兄妹金の陰に両親の壮絶献身

    女性自身

    07月26日 08:32

  9. 9

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

  10. 10

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。